いきなりステーキがまずい派の意見|「ソースが微妙」などの声15個-どこがダメなのか?

それだけいきなりステーキさんの胡椒は力を入れていて、素晴らしいとの評価もできる部分もあるんですが、やはりメインの肉にもっと力を入れてくれなければ、もう一度行こうとは思えませんね。

29歳昔の思い出さんの声

いきなりステーキに一度だけ来店したことがあり、凄く人気でたくさんの人が並んでいたことを覚えています。

問題はいきなりステーキの店員と味の質であって、肉は筋ばかりで飲み込めないほど硬いし、店員に二度もまだですか?と訪ねたのに対して、二度目でやっとメニューが行き届いたほど、店員の対応が雑でした。

庶民にとってはステーキ自体プチ贅沢なようなもので、一食だけでも数千円が必要なお店なのですから、店員にしてもお肉にしても、もう少しお客さんを感動させれる部分を見せて欲しいものです。

他のステーキ店をよく食べに行く僕としては、美味しいとの評価はつけれないですし、この料金設定であればもう少しお金を出して、自分が美味しいと思える店に行きたいですね。

38歳見た目詐欺さんの声

いきなりステーキは分厚いステーキが売りだと思うんですが、ただ分厚いだけでは顎が痛くなってしまうだけであって、サクサクと食べ進めることができるステーキとは違うと思います。

自分が安い方の外国産ステーキを頼んだこともあったのでしょうが、なんというか値段の割には普通のステーキであって、味関係なしに腹一杯食べたい人にとっては天国のような場所が、いきなりステーキではないでしょうか。

料理において見栄えは凄く大事だと思うんですけど、一口食べた時の感動はもっと大事だと思っていて、ステーキの本当に美味しい店は、一度噛んだ瞬間に素直にうまいとの声が出るくらいの魅力があります。

その魅力がないと判断したいきなりステーキは、どちらかといえばまずい分類に入ってしまいますが、もちろん家庭のステーキに比べると美味しいです。

 

では、信者はどういう意見なのか?


余計なものが付かない素晴らしさ

いきなりステーキは、サラダバーなどの余計なものがついていないので、単純にステーキのみを楽しみたい人にとってはメリットが大きく、余計なものが付かないことで料金も控えることができます。

サラダバーやドリンクバーなどを不必要としていて、ただ単にお肉のみを食べたい人向けのいきなりステーキは、こうした味以外のポイントでも高評価を得ることが可能です。

ちなみにランチではライスやサラダ、スープもついてくるので、お昼時の人にとっては非常にありがたいメニュー構造となっているのも、高評価できるポイントの1つです。

 

女性一人でも気楽に入れる

いきなりステーキといえば、女性が気楽に入れることに加えて店内に女性も多く、一人でがっつり肉を食べることが可能な場所であるため、人目を気にしてちびちび食べる必要は全くないと言える店舗です。

値段がそれほど変わらないステーキ店であっても、男性ばかりでは女性は入りにくい心理状態となることは当然のこと、女性にとっては敷居が高いと感じてしまうことは、店内に入る勇気さえなくしてしまう瞬間なのです。

いきなりステーキが人気で長蛇の列が並ぶ秘密は、女性が気楽に入れることで女性客の入店も見込めたことと、人目を気にせずがっつけるような環境を作ったことが、大きな要因であると言えそうです。

 

コスパがいいと思う

いきなりステーキがまずいと思う人に是非みて欲しい意見で、そもそも味が値段の割だからこそリーズナブルな価格で楽しむことができ、庶民であっても気楽に足を運べるのがいきなりステーキであるわけです。

こうした捉え方ができる人は、いきなりステーキに対して高いとの感想を抱くよりかは、むしろコスパがいいと良い方向に捉えることができて、それなりに満足できる人の特徴となります。

信者の中にも、ガストにはコスパは叶わないなどの本音を持つ人もいますが、それでもいきなりステーキを好むには訳があって、その人の好みがマッチしているのでしょう。

いきなりステーキ自体が驚くほど安いわけではありませんが、総合的な評価をすればコスパがいいと判断できる人もたくさんいることは、戦略的には正解だったとの見解も述べれそうです。

 

ランチメニューが最高

いきなりステーキは平日行くことがおすすめとの意見は、おそらく信者のほとんどの方と一致する意見であって、ランチメニューであればかなりリーズナブルな値段で、ステーキを食べることができます。

一番人気のCABワイルドステーキは、ライス・サラダ・スープが付いてくることで、かなりの大食いの方以外は満足できるボリュームとなっていて、平日に利用する人ほど高評価をつけやすいと断言してもいいほど、ランチメニューはコスパが悪いとは思えません。

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP