かっぱ寿司がまずいと思う人の意見|リアルな感想・ダメな部分12個

もう1つ注目すべき点は、かっぱ寿司の1店舗あたりの席数です。ライバル店は全て約200席と変わらないのに対して、かっぱ寿司だけが120席と圧倒的に少ないです。

元々天下を取っていたかっぱ寿司にとっては、昔は120席でも十分に売り上げが伸びていったのでしょうが、給料日などは待ち時間ができるほどに100円回転寿司は人気であるため、どうしても並ぶ人が出てきます。

これも満足度を下げる原因そのものであり、回転寿司は1店舗の規模が200席である方が営業効率が良いということが、ライバル店を見てもわかる部分です。

 

リアルな声もご紹介

ランサーズにて、「かっぱ寿司がまずいと思う人、その理由を聞かせてください」との募集をかけることで、13名ものリアルな声を聞き出しました。ここでは13名の声の中から、より優れた4名の声を紹介していきます。


(女性,年齢非公開)

かっぱ寿司はまずいと言う人が周りに多いですが、実際に食べたところまずいと思いました。的確に伝えると、ライバル店に比べるとまずいと思ったが正解です。

食べれないほどまずいわけではありませんが、ネタも小さく感じるし、美味しいと思える商品が一つもありませんでした。友人も同じく高い評価はしていなかったです。

近場にはスシローやくら寿司もありましたが、混んでいなければそっちを選んでいたのが正直な本音。もう少し質を上げてくれるなら、食べに行こうと思いました。

ちなみに値段相応の味だとは感じましたね。おそらくかっぱ寿司がまずいというよりかは、ライバル店が100円寿司なのに美味しすぎるんじゃないでしょうか。


(女性,27歳)

かっぱ寿司は2年前に行ったきりですが、そこから行こうとも思いません。それくらいにまずかった記憶があって、なんだか子供が喜びそうな場所だったイメージを持っています。

サーモンが大好きなのでいろんな種類のサーモンを頼んだんですが、どれも美味しいとは言えないものばかり。ライバル店の方が圧倒的に美味しいと私は思いました。

一応補足を入れておくと、もしかするとその店舗が悪かったのかもしれません。時間は1時半ごろに来店したはずなので、その時間でお客さんがほとんどいなかったということは、評判の悪かった店かもしれないからです。

まあ個人的には、はま寿司かスシローしか選択肢ない私だけに、今のかっぱ寿司がどう改善されているのかは知りません。だけども行こうと思える魅力がないんですよかっぱ寿司には。


(男性,29歳)

かっぱ寿司は今や食べ放題のイメージです。食べ放題=子供や量を重視する人が好む寿司屋なのでは?そう考えると、イメージって本当に大事だと思うんですね。

個人的にかっぱ寿司を利用する条件としては、まず時間がない時です。時間がない時に家族で外食に行こうとなった時、かっぱ寿司は並んでいないのですぐに食べることができます。

後は、大食いの友人などがいる場合もかっぱ寿司の食べ放題を選ぶと良さそうですね。自分は量より質のタイプですから、安くて少しでも美味しいスシローが一番好きです。

まあスシローなどのライバル店にしても、回らないお寿司を食べると美味しいとは思わないですけどね。ですが、値段以上の感動ができるのが100円回転寿司の魅力かと思います。


(男性,40代)

スシロー、はま寿司、くら寿司とかっぱ寿司の違いってイメージでしょ?平日90円のCMが連日のように流れていた時代がありましたが、その時からまずそうなイメージしか持っていません。

数年前に一度だけ食べたことがあるんですが、イメージ通りの味って感じだったかな。90円ならまあ許せる程度の味なのかもしれないけれど、独身組の自分としては100円でいいから少しでも美味しいネタを。

特別まずいなんてことはないけれど、やっぱり安物ってイメージを持って入れば、美味しいものでもまずく感じちゃうものだと思うんです。ブランド物だって、ブランドだからこそ高く見えるだけ。

かっぱ寿司は結局のところ、イメージ戦力が失敗に終わったのでしょう。美味しいと思う人は高確率で、かっぱ寿司に対して悪いイメージは持っていないはずですから。

 

「まとめ」今後に期待


かっぱ寿司は現状一人負け状態であるため、必ずこれからも様々な手を打ってくるはずです。その中には私たちを納得させるプランや、戦略が混じってくることは十分にあり得ます。

個人的にもかっぱ寿司が一番美味しいとは思いませんし、現状ではスシローが一番好きかなといった評価ですが、時代の流れと共にニーズはどんどんと変化していくものです。

その変わっていくニーズを的確に捉えることができれば、かっぱ寿司は再び一位に返り咲くことができることでしょう。最も、かっぱ寿司は値段相応の味であることは間違いありません。

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP