スタバが高いと思う人の意見|「カロリーも高い」などの声13選-どうして強気なのか?


プチ贅沢にはスタバ

ストレス社会で生きる私たちにとって、プチ贅沢ほど幸せを感じる瞬間はないと感じる人はたくさんいて、500円程度でプチ贅沢が味わえるスタバは、多くの人を幸せにできる店でもあります。

実際にスタバに対して「プチ贅沢だ」と思っている人は多いはずで、旅行先や都会に遊びに行く時など、何かと特別な日にスタバを選択してしまう心理こそが、プチ贅沢であるとの本音を語っています。

特にフラペチーノは、デザート感覚に加えて食べ歩きのような感覚で楽しめることができることも、旅のお供にスタバが選ばれやすい理由なのでしょう。

どんな人にもプチ贅沢する瞬間は訪れるものですが、それがビールを飲むことである人もいれば、たまにスタバを飲むことである人もいると説明すると、スタバが嫌われない理由もなんとなく理解できるのではないでしょうか。

 

雰囲気と接客態度で満足

スタバは味だけでなくて、店の雰囲気や接客態度が抜群にいいことも非常に有名な話で、店舗によってはまるでリッチマンになったかのような、清々しい気持ちにさせてくれる店舗もあれば、どこか大人びた自分を感じさせてくれる店舗も存在します。

さらに接客態度に関しては、もの凄く良いとしか言いようがないくらいに、スタバの店員は愛想と優しさに溢れた接客をしてくれるので、これが凄く心地よいと感じれるのも素晴らしい部分です。

個人的な実体験を一つ紹介させてもらうと、スタバの容器に「元気な赤ちゃん産んでくださいね」とのメッセージが書かれていたことは、心の底からスタバの店員は素晴らしい接客をするんだなと思えた瞬間でした。

こうした気の利くメッセージや、小物等を褒めてくれる店員がいることによって、お客側からすればとても嬉しい気持ちで買い物を終えることができることは、スタバが高いと感じない理由にも繋がっているはずです。

 

稀に凄く飲みたくなる

スタバを毎週のように飲まなくても、稀にもの凄く飲みたくなることもスタバが好きだと思う人に多い意見で、その稀に飲む時のスタバが最高に上手いと感じることは、スタバが高いと感じない気持ちにさせます。

これは名店や美味しいと言われるお菓子などに共通する意見であって、多くの人が支持する味であるほど、「毎週は飽きるけどたまに食べたくなる」との意見が多くなるのです。

そもそも味が美味しいことに加えて、接客態度等でさらに満足度が高まりやすいスタバは、稀に飲みたくなる人にとっても満足度が高くなることで、「また飲みたくなったら来よう」との気持ちにさせるわけですね。

また、甘いものがやめられない人のことを、「マイルドドラッグ」と呼びますが、こうした砂糖依存症が増えていることもスタバが支持され、定期的に購入してしまう理由と考えられます。

 

季節のおすすめが楽しみ

スタバは定期的に限定商品を発売しており、この限定商品は特に女性から高評価を得ていて、限定商品が出ると気になって購入してしまう人も、プチ贅沢感覚でスタバを楽しんでいる人です。

こうした人は福福を購入するような感覚で、どんな味がするのかを想像しながら楽しむことができるので、スタバに対して高いという思考は抱きにくいです。

むしろ自分好みの味であった場合は、テンションがもの凄く上がってしまう瞬間でありますし、その日一日が幸せな気持ちになれてしまう人だっているはずです。

スタバのレギュラーメニューをそれほど飲まない人であっても、こうした楽しみ方ができるのがスタバの良い部分であり、500円程度でワクワク感を楽しめる要因となっています。

 

スタバが値下げしない事情とは?


スタバに対してこれだけ多くの人が高いと感じている事実に対して、なぜスタバは値下げを行うことで顧客満足度を上げようとしないのか?の答えは、非常にシンプルなものとなります。

スタバの顧客満足度が大きく下がったことはニュースでも大々的に取り上げられ、多くのお客さんが「座れない」等を理由に、満足の言っていない状態が続いているわけですが、逆を言えばそれほど人気なのがスタバであるわけです。

観光スポットのスタバともなれば、多くの人が並ぶことはもはや普通の光景となりましたが、こうした人は並んでまでスタバを飲みたい人であったり、値段が高くとも飲みたいと思える人たちであるため、こうした人の多くは現状のスタバに満足しているのです。

故に、スタバは新規顧客を狙わなくとも既存顧客の満足度を上げていけばいいわけですし、多くの人が並ぶ=一度飲んでみたい等の気持ちになるわけですから、値下げすることによってスタッフや味の質を落とすよりかは、リピーターに力を入れることが賢い選択となるわけです。

もちろん値下げすることで顧客満足度が上がることは間違いありませんが、リピーターになる人は現状の接客態度や味にある程度満足していて、そこに対してまた来たいと思えるサービスをどんどん実施していく方針となっていることが、スタバが値下げに踏み切らない理由となっています。

 

安く飲む裏技も存在する

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP