スタバが高いと思う人の意見|「カロリーも高い」などの声13選-どうして強気なのか?


スタバには安く飲む裏技も存在して、料金が安くなる裏技は「マイタンブラー持参」と「ドリップコーヒー二杯目100円」の2つが、最も簡単に誰でもできる安く飲む方法となります。

一方でタンブラーを購入するにも資金が必要ですし、トリップコーヒーに関しても一杯目の値引きとはならないわけですから、安く飲むといっても結局はそこそこの値段となってしまうのが、スタバの現状です。

クレジットカードなどのポイント還元も、一応安く飲む方法として紹介することは可能ですが、こちらについてはスタバに限定した値引き方法でもありません。

スタバが高いと感じるのであれば、やはり違う店舗のコーヒー店に足を運ぶのか、または接客態度や店の雰囲気等の違う部分を加点していくことで、満足のいく値段設定だと感じれる確率も上がっていきます。

 

高いと感じた時の対処法


スタバが高いと感じた時の対処法は、「その場でゆっくりしていく」ことが一番であって、お持ち帰りでは味のみを楽しむことしかできませんが、その場で飲んでいく分には場所代や雰囲気など、加点されるポイントがどんどんと多くなっていきます。

そもそもカフェはひと休憩や話し合いの場にぴったりで、そうした総合点を含めての利用価値が高くなっているので、お持ち帰りのみでは高いとついつい感じてしまうことは、ある意味普通なことなのです。

一方で席が全く空いていなかったり、周りがうるさいなどの難点もスタバにはつきものですが、こうした部分が嫌だと思う人は無理してスタバを選ぶ必要もありません。

今や数え切れないほどのコーヒー店が存在する日本だけに、自分に一番あったコーヒ店を選ぶことが幸せに繋がり、私生活の充実にも繋がることは言うまでもない事実なのです。

関連記事:スタバが嫌い派と好き派の意見|信者とアンチの声-魅力と欠点16選

関連記事:スタバがまずい派と美味しい派の意見|両者の主張-その声15選

ページ:
1 2 3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP