一緒にいて楽しい人の条件|異性-恋愛-疲れる人の違い30【完全版】


下心がないこと

異性との関係でまず大事なことは、「下心があるかないか」の違いであって、下心は男女の友情が壊れてしまう瞬間で最も多く、さらにトラブルとなる原因そのものです。

特に男性は注意が必要であって、男性の性的衝動は抑えることが難しく、性犯罪の多くは犯行的ではなく衝動的であるとの発表がされているほどなので、お酒が入った異性との交流には注意が必要となります。

どれだけ一緒にいて楽しいと思えても、片方が下心を持って接している以上は、やがてその関係が崩壊することで疎遠となっていき、一緒にいるのが嫌な人として認定されてしまいます。

 

自然と笑顔になれる

一緒にいて楽しいからこそ自然と笑顔になれるわけで、一緒にいて楽しくない人には作り笑いが必要ですから、むしろ会わない方が良いと思えるのも当然のことです。

自然と笑顔になれる人の共通点としては、自分の年齢を忘れるぐらいに無邪気な笑顔を見せれたり、逆に楽しくない時にも自然体の自分で入れることが条件であって、楽しいことがなかった日には笑顔を見せないこともあるほどです。

また、心が通じ合うほどに人は自然と笑顔になれるものですから、安心できる相手の側にいるだけでも笑顔になれたり、優しい顔となれることも条件と言えそうです。

 

ありのままの自分でいれる

ありのままの自分とは、「背伸びはしない、見栄を張らない」ことであって、本当の自分を受け入れてくれる人の前だからこそ、ありのままの自分でい続けることができます。

故に一緒にいて楽しい異性は、ありのままの自分を相手が受け入れてくれることで、様々な愚痴やすっぴん姿なども披露することができ、弱さをきちんと見せることができる人に限られます。

例えば普段は遠慮しがちな下ネタなども、こうした人の前では口にすることができたり、またはその下ネタを楽しむことができる人なのです。

 

愚痴を共有しあえる

愚痴は女性によく見られる特徴ですが、愚痴を共感し合えることも一緒にいて楽しいと思わせる要因で、愚痴を共感できないことは居心地の悪さや、ストレスの原因となってしまいます。

女性同士の場合、基本的に愚痴を言い合うことで普段の鬱憤を解消するわけですが、男女の関係になると男性はどうしてもアドバイスしたり、否定的な意見を口にしてしまうことで、居心地の悪さを感じさせてしまうのです。

一緒にいて楽しいと思えることは、居心地がいいからこそ楽しいと思えるわけですから、異性編では愚痴を共感し合えることが非常に大事な要素となってきます。

 

互いに成長できる関係

互いに成長できる関係ほど素晴らしいものはないと断言でき、こうした関係は最高のパートナーとして紹介されることが多いです。

互いに成長できる関係には楽しさが必須条件となりますが、他にも「一緒にいるだけでもっと凄くなろうと思える」ことや、「いつでも充実感を味わえる」など、とにかくお互いにとって成長させてくれる存在こそが、時として最高のパートナーと言われる所以です。

一緒にいて楽しいことに加えて、人生にワクワク感を味あわせてくれたり、自分の夢への手助けともなるこの存在は、自分が成功者となった後でも感謝し続ける存在であって、決して裏切ろうとは思えない大事な異性として認定されることでしょう。

 

良い方向に捉えれる

ポジティブ思考は様々な幸せへの架け橋で、自分と周りを幸せな気持ちにさせる最も簡単な方法です。

どんなことも良い方向に捉えてくれる異性は、どんな時にもクヨクヨしない強い心を持っていたり、好奇心旺盛で様々なことにチャレンジするなど、つまらない毎日に多くの刺激を与えてくれる人物です。

笑顔が多くて人生を楽しむことができるこのタイプは、どれだけつまらない場所でも楽しい雰囲気に変えることができるなど、つまらない空間を楽しい空間へと変えることができる、多くの人に求められる性格なのです。

 

ツインソウルである

ツインソウルとは「魂の片割れ」のことで、魂がこの世に誕生する時に片割れした存在こそが、ツインソウル誕生の瞬間であるとされています。

ページ:
1 2

3

4 5 6

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP