鼻で笑う癖がある人の心理|相手の本音と怒りの声〜最高の対処法12個

同じ職場なので避けることもできませんし、向こうから愛想よく挨拶などもしてくれるので、いつもストレスだと感じながら接しているのですが、どうしたらいいでしょうか。

私からすれば何となく見下されていたり、馬鹿にされているような感じがするのですが、毎回のように見られることは癖であるため、「悪気はないんだよね」と考えてしまうと、相手を許してしまいます。

最近では鼻で笑う仕草が気になって仕方がなく、その仕草ばかりに注目してしまう自分もいて、そこばかりをチェックしてる自分も嫌になりそうですが、はっきり言ってストレスはフルで感じていますね。

※ランサーズにて、「鼻で笑う人に対する本音を教えてください」との募集を募り、14名の声から厳選した一声です。

 

勘違い馬鹿だと思う

鼻で笑う人は見下していたり小馬鹿にしているわけですから、そうした相手に対して勘違い馬鹿と思うことも当然のこと、何も間違った指摘ではありません。

こちらも代表者の声を聞いてみましょう。

18歳代表者の声

普段はニコニコと笑っているんだけど、自分が好きな人物以外の人には鼻で笑う友人がいて、自分のグループ以外の人間は排除しようとしているのか、いつも冗談交じりに馬鹿にした発言をしています。

違うグループの奴らが盛り上がっていると、鼻で笑うことで「幼稚すぎな」と見下した発言をしたり、「ダッサ」と負け惜しみにも近い言葉を口にしています。

自分は他人を見下すような発言は嫌いだし、そうした言葉を聞くことで気分が悪くなってしまうので、正直どういう反応をすればいいのかもわかりません。

鼻で笑うのは結構ですが、そのせいで自分にも被害が来ていて、同じグループの一人なので性格の悪い人だと思われることが、とても辛くて今最も解決したい悩みです。

 

こう対処しろ!絶対外さない対処法とは?


故意的に笑っている場合

故意的に鼻で笑っている場合は、物事をできるだけ良い方向に捉えることを徹底し、ポジティブな方向に捉える心がけをしておけば、相手にイラっとしたり馬鹿にされた気持ちに陥ることもありません。

ポジティブな捉え方とは、「これはおそらく癖だろう」と思い込むこともありですが、もっと良い方法は「この人は自分とはレベルが違う人だ」と思うことで、「自分とはレベルが違うからこそ鼻で笑い、相手を馬鹿にする人なんだ」との正当化ができ、ストレスや怒りの感情に結びつくことがありません。

何事も考え方次第と言いますが、相手を悪く思わないというよりかは、自分にとって良い方向に捉えることが重要なポイントで、相手と自分のレベルが違うと捉えることによって、相手のレベルに合わせる必要がなくなります。

すると同じ土俵で戦う必要がなくなるわけですから、レベルの低い争いをするリスクも回避できますし、やがては眼中にない存在として思えることにもなります。

類は友を呼ぶというように、自分の方がレベルが高いと思い込み、大人な対応を取ることは、同じようにレベルが高い人を引き寄せるメリットも生まれてしまう、非常に便利な対処法なのです。

近づかないことが一番ではありますが、初対面の場合や近づく必要が出てくることは必ず訪れるので、こうした対処法を覚えておくことがポイントです。

 

癖で笑っている場合

癖で笑っている場合は、相手の癖をしっかりと意識させることが重要で、鼻で笑う人は無意識で仕草として現れているので、その癖を持っているという事実を、まずは気づかせてあげないといけません。

無神経な人が自分が無神経であることに気づけないことと同じで、指摘されることで自分の欠点に気づくことは、「普段から心がけよう」と思えるきっかけになります。

特に大事な友人や気が合う友人であればあるほど、あなたにとって失うわけにはいかない人物なので、今後のことも考えて指摘する必要が出てきます。

また、厄介なのは自分の非を認めようとしない人や、都合の悪い意見は耳にしようとしない人であって、注意した後に相手の態度が激変するようなことがあれば、その人物との関係を考え直すのも一つの手でしょう。

付き合いは無理にする必要もないですし、嫌なら嫌と自分の心に素直に従うことで、より快適な環境を作り出すことにも繋がります。

 

「結論」怒りは愚痴にて吐き出そう


ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP