自分に厳しく他人に優しい人の魅力的な特徴10個|悩みと欠点も

「自分に厳しい」とは素晴らしい言葉のようにも思えますが、自分に厳しすぎることは世の中を生きづらくしてしまい、やがて自分に厳しい人の周りには誰もいない環境となることもあります。

こうした人が世の中を生きやすくするためには、他人に優しい性格を持つ必要があり、他人にも厳しい人だけでは完璧主義者として職場や学校で厄介者扱いされることでしょう。

最初にはっきりとお伝えしておきますが、自分に優しく他人に厳しい人になるには懐の深さなどが必ず必要なので、そう簡単になれるものではないことを理解しておいてください。

だからこそ自分に優しく他人に厳しい人は需要があり、多くの人から支持されたり尊敬されるような羨ましい一面が見られるわけですが、このタイプにはどのような魅力と欠点が存在するのでしょうか?

この記事を読むメリットは、「まずは特徴を知れること」「そして魅力とと凄さを知れること」「最後に自分に厳しい人にしか分からない悩みを知れること」の3つです。

「これが魅力」自分に厳しく他人に優しい人の特徴


正義感が素晴らしい

自分の中で強い正義感を持つには自分に厳しくなる必要があり、約束事や超えてはいけない一線をきちんと守り続けることができる人は、どんな誘惑が来てもその甘い言葉を拒否する強さを持ちます。

人はどうしても自分に甘くなってしまうことで超えてはいけない一線を超え、グレーゾーンや犯罪といったことに手を出してしまいがちですが、自分に厳しくい続けれる人は誘惑には負けません。

さらに他人には優しくなれるこのタイプは、自分の中での正義感を相手に押し付けるような鬱陶しい性格の持ち主でなく、人の考えはそれぞれだという視野の広さを持つ人物です。

正義感が強く自分に厳しいだけの人の場合、頑固で自分の考えを改めない柔軟性に欠ける一面が見られますが、他人に優しくなれる人は弱い立場の声もきちんと聞くことができます。

 

ストイックな性格の持ち主

自分に厳しいからこそ辛くて続かないダイエットを続けれたり、またはジムでトレーニングを続けれるなどの努力家な一面は、多くの人が見習うべきだと素直に評価できる部分でしょう。

ストイックな性格は厳しい環境であるほど逆に燃えてしまうような強さを持っていたり、最終的な目標や夢を必ず持つ習慣が見られることからも、じっくりと成長していくタイプが多いです。

さらに自分に厳しく他人に優しいストイックな人は、誰も見ていない場所でもきちんと努力を続けることができる魅力を持つため、知らぬ間にライバルと大きな差がついていたなんてことも珍しくありません。

また、自分自身としっかりと向き合う時間を大事にするこのタイプは、仕事や人間関係においても常にベストコンディションで挑もうとする心構えを持つので、自分に厳しく他人に優しいは意識が高い人であるとも言えます。

 

お人好しで人気者

自分に厳しいのはいいことですが、他人に甘くなることは時としてお人好しと評価されることに繋がってしまい、努力を続けることで磨いてきたスキルを知った相手は頼ることで問題を解決し、頼れる人として認定されることも。

お人好しな人の特徴には「断れない」「頼られると嬉しく感じる」一面が見られるため、自分にストイックで忙しいはずの自分に厳しく他人に優しいは、多くの人に頼られることでさらに予定が詰まってしまうのです。

自分に厳しく他人にも厳しい人との大きな違いは、相手のレベルに合わせてあげることができることと平和主義なことで、困っている相手に対して優しく対応ができることは、時として「あなたは他人に甘すぎる!」と注意を受けることにもなります。

お人好しなことは損なことであるとの考えをする人もいますが、自分に厳しくできる人は頼られることによって大きな使命感を感じ、その使命感を達成することに大きな意味を見出す人なので、決して損ばかりをしているわけではありません。

 

理想が高く謙虚な姿勢

常に目標を持ち続けて高い目標に少しでも近づくために日々頑張ることは、年々目標が高くなっていくことで仕事や人間関係において好循環が見られるようになり、やがて多くの人から慕われる存在となり得る人です。

さらに自分に厳しく他人に甘くなれることは、「自分がこれだけ努力したからお前もしろ」と思える人ではなく、「自分は結果を出しているけどその姿勢は見習うべきだ」と謙虚な姿勢をとり続けることができます。

ただ自分に厳しいだけの人は「それは甘えだ!」とか「根性でなんとかしろ!」などと、いかにも嫌われてしまう体育会系上司のような態度をとり続けるので、他人には甘くなれる人とは部下が抱く評価も大きく違ってきます。

故に本当に自分に厳しく他人に甘い人というのは、周りが好印象で高評価をつけている環境に居続けることが当たり前の人であるので、部下や同僚に褒められたことを他人に自慢するような人ではありません。

 

尊敬されたり目標にされやすい

理想が高く謙虚な姿勢の上司を尊敬したり、または理想が高く謙虚な姿勢の同僚や同級生を目標とするのも当然のことで、権力や肩書きを持っても傲慢な態度を取らずに努力を続け、自分に厳しく居続けれることは素直に凄いことです。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP