クレバーな人が持つ魅力10個|特徴的な言動と参考例-そうなる方法

「クレバーな人って褒め言葉なの?」「クレバーな人の魅力とは?」「クレバーな人になりたい!」と思ったあなたは、この記事を読むことで全ての疑問や悩みが解決し、具体的な特徴を知ることができます。

まずクレバーと言われる人の特徴を知ることで、「どういう人ほど言われやすいのか?」というイメージが具体化し、何となくこういう人物だとの感覚を掴んでもらいます。

また、この特徴を知るだけでも多くの人が「実は凄い能力の持ち主なのかもしれない」ことに気づき、こうした性格であることのメリット面に驚きの感情を覚えることでしょう。

しかしながら、大きすぎるデメリットが常に付きまとうことも事実であることから、クレバーな人は周りの評価に頭を悩ましやすい人物であるとも言えます。

この機会にメリットデメリットをしっかり頭に入れておくことに加えて、ぜひ正しい知識を身につけおきましょう。

クレバーな人の特徴


クレバーな人に絶対当てはまる特徴は「利口に思われやすい」ことであり、賢い人や頭がキレる人などの評価にも繋がるクレバーさは、多くの人から注目を浴びる人気者となれる可能性を秘めた人です。

ここから分かることは「あの人はなかなか利口な一面がある」と思われる人や、「あの人なら何とかピンチを切り抜けるだろう」と思われやすい人なども、特徴や共通点として挙げることができることです。

ただし、ここまでの特徴のみに注目すると「素晴らしい魅力を持つ」とも思えるクレバーさですが、日本では悪い意味で使われることも多々見られ、遠回しの嫌味として使われることもあるので要注意が必要な言葉です。

意味としてはスマートと似たような意味と持ちますが、スマートとはスマートフォンのような良い意味で使われることが多い一方で、日本ではクレバーと表現されることは「ずる賢さ」を意味することもあるため、ネガティブな意味が隠れていることもしばし見られます。

文字で伝えるだけでは伝わりづらいことは明確なので、次の項目では有名人を参考例に挙げることでより分かりやすく、はっきりとしたイメージを持てるようにしていきましょう。

 

「参考例」クレバーと言われる有名人


元木大介

元プロ野球選手であり読売ジャイアンツで活躍後、タレントとして芸能界でも多くの番組での活躍や巨人のコーチとして活躍する元木大介さんは、「くせ者」と現役時代に評価されていました。

理由はクレバーな性格が関係していて、「この場面でどういう打撃をするべきか?」とか「相手がどういうことをすると嫌がるのか?」など、相手の投手が嫌がることを徹底することができたり、一筋縄ではいかない打撃を見せたことによって、彼は今でもクレバーな人だとの評価を受けます。

さらに清原軍団と呼ばれる権力者に媚びることで自分の地位を確立し、右腕的な地位を築くことで何かと美味しい一面を持っていったことも、元木大介さんがずる賢い部分があると言われた原因です。

学校や職場でも権力者に媚びることで右腕的な地位を確立するも、周りに恨まれずに他のグループとも仲良くできる人がいますが、こうした人はまさにクレバーな人だと言える魅力を持つ人です。

 

スネ夫

ドラえもんでお馴染みのスネ夫はアニメキャラクターでは最もずる賢く、ジャイアンに媚びることで優位に立とうとしたり被害を免れようとしますが、これはまさにクレバーなやり方だと評価される部分です。

何か気にくわないことがあるとジャイアンの影をチラつかせることで、相手をビビらせて自分の要求を飲ませようとすることや、時にはそのジャイアンを裏切るような行為に出ることは結局のところ、スネ夫が相手を掌で転がしているとの考えができます。

それだけでなく、スネ夫は実に頭がキレるのでドラえもんの道具をより効果的に使いこなし、時には周りを助けるような提案ができる気の利いた様が見られます。

つまり、ただ性格が悪いだけではスネ夫のようにはなることは不可能であり、クレバーな人とはその場で「どう行動することがベストなのか?」を瞬時に考えれるような、周りに「この人は利口だ」と思わせる行動が取れる人なのです。

 

クレバーな人が持つ魅力とは?


世渡り上手である

特徴と有名人でも述べた通りクレバーな人は世渡り上手です。利口なので笑顔を見せる方がメリットが多いことを知っていたり、先輩後輩に好かれる術を知るクレバーな人は、時と場合によって柔軟な対応を取れる人物です。

他にも後輩の面倒見が良かったり先輩に甘えることで気に入られるなど、何かと相手の懐に入ることを得意とするこのタイプは、環境が変わろうが自分の立ち位置をすぐに理解できます。

さらに世渡り上手な人には「面倒を察知する高い能力」が身についているので、相手との関係の見極めや離れ時を間違わないことが、ずる賢く生きることに繋がってくるとも言えます。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP