単純な人が持つ魅力と短所10個|特徴診断・天職・恋愛傾向まとめ

一方で自分の欠点やミスを認める単純な人は、ダメなことはダメと認めることができる素直さを持つので、自分の中で「これはいけないことだ」と思うと正直に「ごめんなさい」と謝ることができ、多くのケースで許されることを可能とします。

なぜなら自分の気持ちに正直なので、「罪悪感や反省した態度」が相手にも伝わることで「本当に反省している」と思われることが、許されやすくなる要因だからです。

きちんと謝罪さえできれば、多くの人は「誰でもミスの一つくらいあるよな」と許しを与えてくれるものなので、正直な単純な人ほど「決して憎めない人である」とも覚えておきましょう。

また、プライドが高くて頭を下げることができない人がいますが、こうした人は恥をかくことに耐えれない性格であったり、自分に甘く他人に厳しい一面を持つ性格が特徴的であるため、単純な人とはこうした性格とは違うこともここから見えてきます。

 

嫌味っぽくならない

単純な人は遠回しに嫌味を言うような性格でもありませんが、だからこそ普段の発言が嫌味っぽく捉えられることもなく、「これが本心なのであろう」と安心されることが多くなります。

世の中には様々な人がいて、他人を見下すことで嫌味たっぷりな言葉を投げかける人や、嫉妬心が強く嫉妬することで嫌味たっぷりなセリフを投げるなど、褒めているようでバカにする人は世の中に溢れいます。

単純な人はこんな性格が悪い人々とは違い、ストレートに物事を伝える人なので「それは良くない」と伝えたり、「羨ましいよ」と正直な感想が言えることが魅力です。

心に余裕がなかったり大きな闇を抱えている人ほど、弱いものやネットを通して嫌味たっぷりな言葉を伝えることで、相手をイラっとさせたり落ち込ませることをさせがちですが、こうした発言が見られないことは素晴らしいことです。

ちなみに単純な人は、嫌味っぽくならない代わりにストレートに伝えすぎることで、相手を傷つけたり勘違いさせる発言が多くなるわけですから、自分の弱みもしっかりと頭に入れておくことで、失敗から学ぶ姿勢を持たなければなりません。

 

純粋だと高評価に思われる

素直に謝ることができる飾らない一面や、裏表がなくストレートに表現を伝えることができること、正直になることで自分の中でのルールを守るなどの魅力は、純粋と言われる人に共通することです。

純粋な人とは計算高いことが苦手で何事も純粋な気持ちで、損得関係なしに行動に移せる魅力を持ちますが、単純な人も同じくこうした魅力が見られることも間違いなく、社会では高評価に思われがちです。

子供の頃は誰もが純粋で多くの大人が「頑張れ!」と応援したくなったり、幸せに対して「よかったね!」と素直に認めることができますが、純粋な人も全く同じような反応が見られます。

また、「純粋な心があると厄介に巻き込まれない」とも言われていて、ありのままの感情で相手と付き合うことができることは、裏表が隠れていないためにトラブルに発展しにくく、人間関係をこじらせることもありません。

おそらく単純と言われるあなたも、過去の人間関係ではトラブルに巻き込まれた経験もほとんどなくて、平和に人間関係を築けてきた人ではないのでしょうか。

 

単純な人が持つ短所


浅はかな言動が目立つ

単純なことは時として計画性のなさや深みが足りないと思われる瞬間となり、自分に正直すぎることは浅はかな行動だと指摘されることも珍しくありません。

浅はかとはあっさりしていたり深みがないことであり、人によっては「中身のない人間だ」という意味で使われる言葉です。

単純な人の場合、自分に正直になることで思い立ったら即行動に移すまではよかったものの、詰めが甘く理想と現実の違いに頭を悩ませることになったり、後先を考えないことから浅はかだったと後悔することも。

自分に正直すぎることは素直になれるメリットを持つ一方で、自分の能力次第では浅はかな人だと評価されることも十分にあり得るので、想像力や計画性の欠如、または人生経験が浅い人ほど何かと単純すぎる性格が仇となります。

深みとは人生経験を通して身につく魅力でもあるため、自分の能力次第では単純すぎることは欠点に繋がり、魅力を生み出せないことも頭に入れておくべきです。

 

顔や態度に感情が出る

単純だからこそ顔や態度に出ることの最大のデメリットは、「性格が悪い人だと思われる」ことや「嫌な人である」と思われることであって、人の印象は第一印象が非常に大事なのは有名な話です。

本来は自分に正直で素晴らしい魅力を持つ単純な人であっても、初対面で苦手な人に対して顔に出てしまうことがあったり、気持ちが沈む時に相手と出会ってしまうことは、何かとネガティブな感情を抱かれる瞬間です。

これは非常に深刻な問題であって、顔や態度に出る人は相手から注意されてやっと気づくわけですから、周りが気を使って注意することがなかった場合は、いつまでも自分が顔や態度に出やすい人だという事実に気づくことができません。

すると嫌いな人に対して露骨に顔に出てしまうことで、「あいつはムカつく存在だ」と恨まれ続けることも。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP