シンプルな人の特徴12選|性格・恋愛・魅力について。そうなる方法も

また、嘘をつかないことは案外難しいことで、自分に甘い人ほど嘘をつくことで自分を正当化しようとするものですから、こうした人とシンプルな人の相性は良くないと言えます。

つまりシンプルな人は、嘘をつくことも嫌いであり嘘をつかれることも嫌いな性格の持ち主なのです。

 

自己主張は控えめ

シンプルな人は自己主張は控えめで、自分の意見を口にするよりかは相手の意見をしっかりと聞くことができ、自分の意見を押し付けることがないので、結果的に自己主張は控えめな人だとの評価を受けます。

だからこそあまり目立たない人だとの評価も受けやすく、常に第三者として話し合いの間に入ったり、相談役として頼られやすいタイプです。

自己主張は時として自分の利益をもたらすことに繋がりますが、あくまでシンプルな人は自分がどうしたいかで発言が変わるので、自分が積極的にやりたいと思えることと出会えた時には、積極的に自分の意見を交えることでしょう。

ここから見えてくる勘違いしてはいけないことは、シンプルな人はあくまで控えめなだけであって、自己主張が苦手な性格とは全く別であることです。

つまりシンプルな人は良い意味で目立たないと捉えることができて、地味で魅力がないからこそ目立たないのではなくて、無理に自己主張する必要がないことを理解しているのです。

 

好印象に見られやすい

これまでの特徴を見てきたあなたはもうお分かりでしょうが、様々な素晴らしい魅力を持つシンプルな人は好印象に思われやすく、信頼感や安心感の高い人物です。

自然に生きる、見栄を張らない、落ち着いているなどの要素は相手の印象には残りにくいものの、嫉妬されたり憎まれるなどのネガティブな感情には繋がりにくい魅力となります。

日本では「出る杭は打たれる」と言うくらいなので、何かと目立ったり派手な人ほど周りから粗を探され、細かな欠点を指摘されることで嫌悪感を持たれることも多くなるのです。

ちなみに好印象に見られることは、良い部分ばかりが目立つ心理状態を作る要因となるため、「あの人は落ち着いていて素晴らしい」「悪い部分がない」などの、完璧人間かのように見られることも多くなることが想定できます。

 

素直に喜び素直に謝る

シンプルな人はひねくれた性格とは真逆の魅力を持つので、褒められた時には素直に受け取り喜び、ミスを犯した時には素直に頭を下げることで謝ることができます。

自分に素直になれるからこそシンプルな性格になれるわけで、自分を正当化するために言い訳をするようなことを嫌い、ダメなことはダメだと思える性格は多くの人から尊敬されます。

人の話を聞けたり嘘をつかない、素直に喜び謝ることはストレートな性格であるとの表現もでき、裏を感じない真っ直ぐな姿勢は周りに尊敬される瞬間です。

故にシンプルな人は理想の上司ともなり得るポテンシャルを持っていて、仕事ができれば性格面でも大きくプラス評価をされることで、付いていきたい先輩として従われることでしょう。

 

シンプルな人になる方法


①自分は自分、他人は他人と受け止める

シンプルな人は「自分がどう思うか」を重視する必要があるため、他人の幸せや良い部分ばかりに注目しても、複雑で嫉妬心が強い人どまりにしかなれません。

自分は自分と思えることは、周りの評価に合わせるのではなく自分の気持ちに正直になれる瞬間ですし、何より自分は他人と同じだと思うことは物事を複雑にし、「自分ならここでこうする」という厚かましさが出てしまいます。

シンプルな人は落ち着き冷静を保てる人なので、自分は自分、他人は他人と受け止めることができれば、上記のような場面でイラっとすることもなく、より自然体で生きることができるのです。

 

②いつも全力は出さない

いつも全力で頑張りすぎる人は結果的に空回りしてしまい、上手くいかないことに頭を悩ませて心に余裕がなくなってしまったり、小さなことで相手と比べてしまう原因そのものです。

そうではなくて、メリハリをきちんとつけることで飾らない自分になることができますし、仕事の最初から最後まで100%の力で頑張ろうと意気込むのではなく、しっかりと集中していこうといった意気込みを持つことで、よりシンプルに単純な選択を可能とします。

自然体で生きることは力まずリラックスすることを必要とするので、いつも全力で頑張りすぎると真面目な人だとの評価は得られるものの、シンプルに生きやすい自分を作ることには繋がりません。

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP