へびが可愛いと思う人の特徴12個!どこが好き?性格傾向と天職も紹介

例えばへびは、敵かどうかを判断する時に下をぺろぺろと出すことで確認動作を行いますが、へび好きな人にはこれがたまらなく可愛く見える瞬間であって、胸キュンポイントと言えます。

他にも凄く綺麗で見惚れるような柄のへびがいたり、大きなへびは可愛く見えないけれど小さなへびなら可愛く見える人がいるなど、様々な違いを楽しめることも魅力の1つです。

犬や猫が好きな人が、犬種によって好き嫌いが大きく分かれることがあるように、へびだって大きいのは苦手でも小さいのは可愛いと思える人がたくさんいるわけですね。

ちなみに観察力がある人はすぐに気づくと思いますが、へびは種類によって顔の特徴も細かく違っているため、どの種類が一番好きかを定めることも楽しみであったりします。

 

触り心地が好き

へびを飼ったことがある人なら誰もが一度は経験するであろう、あの独特でなんとも言えない触り心地は、他のペットでは経験できないほどの快感です。

その触り心地とは、どこかひんやりと冷たくしっとりとした触感であり、これは言葉で表すことができないほど素晴らしい触感であるため、好きな人は一瞬でへびの魅力に気づくことでしょう。

種類にもよりますが、基本的には頭から尻尾にかけて撫でるとツルツルであり、逆方向に撫でるとザラザラの食感がするへびは、指で押すことにより弾力を感じることもできるため、この3つの要素が加わり不思議な感覚となります。

また、へびは人間よりも体温が低いのでひんやりと冷たく感じるのですが、これがやみつきになるほど気持ちがいいことも間違いありません。

友達のへびを触って以来へびの虜となった人も少なからず存在し、じっくりと観察することで可愛い要素を見つけていくことは、へびを好きになる王道パターンです。

 

ミステリアスな感じが好き

ミステリアスとは、「何を考えているのか?または相手の行動が読めない人」ことであり、ミステリアスな魅力を持つ人はモテるとも言われる、個性に溢れた最高の魅力です。

へびも同じく人間がミステリアスさを感じる瞬間が多々存在し、表情が一定でいつもニョロニョロと動き回るへびは、人間の頭では理解することができません。

また舌をぺろぺろと出すことも「何を考えているんだろう?」と思える瞬間であって、可愛くもかっこよくも見えるへびに対して、ミステリアスな何かを感じてしまうのです。

ちなみにミステリアスな人の特徴は、「どこか余裕がある」「冷静沈着」「心を読めない」「自分に持っていない何かを持っている」などが当てはまりますが、これらは全てへびにも当てはまることです。

これが理由でへびが可愛いと思えるようになった人がいるとすれば、それはあなたがミステリアスな異性を求めていて、そうしたタイプが好きである証拠です。

 

爬虫類全般が好き

へびが可愛いと思う人は爬虫類全体が好きであり、へびだからといって好きなわけではありません。その証拠に、へびが可愛いと思える人は爬虫類をたくさん買っていたり、甲殻類まで買っている人もいるからです。

様々な爬虫類をたくさん買う人の傾向としては、収入がそこそこあったり孤独感を埋めたい気持ちが強く、爬虫類を飼うことで自分の心の隙間を埋めているのです。

中にはワニを飼育するなど様々な種類を愛するこのタイプは、へびが可愛いと思うことは当然のこと、時として恋人や友人よりもペットを優先することがあります。

故に爬虫類が原因で恋愛や人間関係に亀裂が走ってしまうことは、爬虫類好きあるあると言えるかもしれません。

また、基本的に爬虫類の飼育はメンテナンスや光熱費が必要となるので、心に余裕があったり本当に好きな人しかできないことを考えれば、マメな性格であるとも考えられます。

 

人付き合いが苦手な人が多い

爬虫類の中でもへび好きや可愛いと思う人の特徴は、人付き合いが苦手な人が多いと言われており、休日は家にこもることでへびを一日中観察したり、または機材を購入することを優先します。

もちろん中には人付き合いを上手くこなす人もいますが、このタイプでも休日は家でゆっくりしたい派が多く、どちらかと言えば内向的な性格の人がへび好きとなりやすいです。

自らコミュニケーションをとることが苦手で、常に受け身であったり距離感を縮めるまでの期間が長いなど、何かと人付き合いが苦手な要素が見られるへび好きな人は、信頼関係を築くことが下手です。

また先ほども紹介したように、へびを優先することで恋愛ができないとか恋人に振られる経験をしやすいことから、恋愛が苦手で得意ではない人も多いことが分かります。

故にへびが可愛いと思う人というのは、「ちょっと変わっている」などの評価を受けやすいことも特徴と考えるべきでしょう。

 

理解されないことに苦しむ

へびが可愛いと思う人は周りに理解されず、「変わっている人」などと評価されることに苦しみ、中には家族や恋人に理解されずに喧嘩になるなど、何かとトラブルの原因となります。

ページ:
1

2

3 4 5 6

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP