飾らない人の魅力10個!凄い特徴やモテる理由|性格傾向【完全版】

世の中の多くは「他人の不幸を喜ぶ」ことが分かっていて、メシウマといった言葉が存在するほど他人の不幸を喜ぶ人は世の中に溢れています。

また女性ほど自然体な人に憧れたり、飾らない自分になりたいと思う人が多いと言われていますが、その理由の1つは女同時の嫉妬が原因であると言われています。女の敵は女であるため、どうしても嫉妬してしまうわけですね。

ちなみに女性は不幸話をしてしまえば、周りに噂されバカにされてしまうことがあるため、不幸話をすることを嫌う傾向にあるようですが、飾らない人はこうした不幸でさえもプラスの方向に変えることが可能です。

他人の幸せを心の底から喜ぶことは、男性であっても難しいことは間違いのないことですが、飾らない人になることができれば他人の幸せを喜び、自分の幸せをも喜んでくれる好循環を作ることに繋がるでしょう。

 

小さなことで満足できる

飾らない人は大きな夢を持っていようが、小さな幸せで満足することができる魅力を持っています。飾らないということは「自分がどう思うのか?」が重要であるため、自分が幸せならそれでOKなのです。

逆に飾ることで自分を大きく見せる人は、基準が他人がどう評価するのか?であるため、自分ではなく他人に高く評価されるであろうことを優先した結果、生きることに疲れ果ててしまいます。

飾らない人の場合、自分の行動を他人がバカにしようが全く関係はなく、我が道を進むことで内面を高めていき、やがてバカにしていた連中を見返すほどの実力をつけることも。

目の前の評価ばかりが気になってしまう人は、小さな争いに勝つことで満足してしまい、大きな成長を期待することができませんが、飾らない人はあくまで自分基準で成長していくため、コツコツと成長していくタイプです。

争いは同じレベルでしか起きないと言われますが、見栄っ張りほど揉め事が多くトラブルメーカーである一方で、飾らない人ほど平和で争いが起きにくいことも、魅力の1つと言えるでしょう。

 

気疲れすることがない

ありのままの自分で生き続けることは、嫌な時にはきちんと自分の感情を伝えることを可能とし、無理に相手に合わせることを嫌います。自分がどう思うか?が重要なので、ダメな時にはきちんと断ることができるのです。

周りの評価に臆病でない飾らない人は、断ることで「嫌われるのではないだろうか…」とか「仲間外れにされるかも…」といった恐怖心よりも、自分がしたいことをすべきだとの強い気持ちを持っています。

なぜ恐怖心を持たないのか?といえば、飾らない人は逆に断られても「それは仕方がないこと」と簡潔に思い込み、相手を悪く思うようなことがないために、相手が嫌うといった発想をそもそもしません。

こうした人ほど気疲れすることもなく、自分も相手も気疲れさせる環境を作らないことで、相手からは「一緒にいて楽だ」と評価されることも。

これはワガママな性格なのではなくて、自分らしくありのままの気持ちを伝えた結果が断ることに繋がるため、嫌味もなく相手にとっては気長に付き合うことができる、味方として高評価され続けます。

 

優しい自分になれる

飾らない人のモットーは「かっこいい」ではありません。「自分らしく生きること」であるため、カッコをつけることで他人を張り合うよりは、良い部分は素直に褒めることを重視します。

例えば、見栄っ張りは相手が褒められたことに対して、自分の方が優れていることを証明しようとします。しかしながら飾らない人は、ありのままの評価を素直に受け入れることで、相手を褒めることができるのです。

相手を読めることができたり強がらないことは、心に余裕ができ自然体に生きることになるため、優しいオーラや顔つきで毎日を生きることに繋がり、それが優しい人だとの評価に繋がるのです。

相手の良い部分を認めることが負けではなくて、良い部分を受け入れることで素直になることが重要であることを理解してる飾らない人は、優しさが滲み出ている人物だと思われることもしばしば。

かっこよさを追求することは第一印象では大きなポイントとなるかもしれませんが、長い付き合いともなれば化けの皮が剥がれていく一方なので、最終的には飾らない人が魅力的だと評価されやすいです。

 

欠点を受け入れられる

完璧な人間など存在しないことは理解しているつもりでも、やはり人はどうしてもプライドが邪魔をし、欠点を受け入れようとはしません。ですが飾らない人は全く違います。

自分の弱い部分をもしっかりと受け入れ、良い部分ばかりを見ようとはしません。その結果、例え自分が身長が小さいというコンプレックスを持っていようが、良い部分に着目することで自分を受け入れることができるのです。

女性の場合、年齢と共にどんどんと老いが見られるのは当たり前のことで、これは自然現象となりますが、その老いさえも受け入れることで年相応の見せ方ができ、いい年の取り方だと評価されることも。

男性の場合だと、男はプライドが高いので負けを素直に受け入れず、小さな争いが起こってしまいがちですが、飾らない人は欠点を素直に認めることで、心に余裕があると評価されやすいです。

男女どちらにしても素晴らしい評価を得ていることから、飾らない人は老若男女関係なく好かれる魅力を持っていて、一緒にいてうざがられるような存在とは程遠い人物であることも見えてきました。

 

落ち着く何かを持っている

気を張らずに自然体で生きている飾らない人は、心に余裕があるため常に落ち着いていて、冷静な判断や自分らしく生きる選択を可能とします。これは懐が大きいと評価される要因でもあります。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP