飾らない人の魅力10個!凄い特徴やモテる理由|性格傾向【完全版】

お金持ちほど心に余裕があり優しい人が多いと言われるのは、何事にも冷静に判断でき対処できる力があるからですが、飾らない人の場合、何が起きても自分らしく対応することができるため、理由は少し異なります。

肩の力を抜いて自分らしく生きる飾らない人は、優しいオーラが滲み出ていて、相手にもそのオーラが伝わることで落ち着ける環境を作り、一緒にいて落ち着く人だと評価されます。

故に飾らない人ほど相手を安心させること得意で、何とも言えない魅力的な空気感が恋の始まりとなることも。ちなみに、飾らない人ほどモテると言われる理由の1つがこれです。

人間関係に疲れ果てた人や、学校や会社での立場に困っている人など、落ち着いた場所が欲しいと願う人にとって飾らない人は、最高の居場所を提供してくれる友人ともなり得ることでしょう。

 

自分を大事にできる

自分を大切にできるとは、「等身大の自分を大切にできる」ことであります。等身大の自分とは「弱い自分も嫌いな自分も受け入れる」ことであって、自分という人間を全て受け入れることです。

他人と比べて自分を卑下するようなこともなく、相手を見下すようなこともなく、ただありのままの全ての自分を受け入れることができることは、本当の自分が好きになることを可能とします。

等身大の自分を受け入れることができる人の特徴の1つに、「自分は自分らしく。これでいいんだ」と思えることでありますが、まさに飾らない人にぴったりな言葉であって、納得の一言ですね。

完璧主義者や自分に自信を持てない人ほど、弱い自分を受け入れようとはしないことで現実逃避を行い、他人の幸せや魅力に嫉妬することが多いですが、これは人間である欠点とも言えます。

こうした欠点を克服し、等身大の自分をきちんと受け入れることができている飾らない人は、相手にも完璧を求めることはありませんし、相手の欠点を受け入れる心の広さを持っています。

 

充実感に溢れ笑顔が多い

飾らない人は嫉妬することもありませんし、小さなことでも幸せだと思えるため、充実感に溢れています。毎日が楽しそうであったり、落ち着いたオーラが見られることは、全て充実感に繋がっています。

大人になるにつれて同じような毎日が続き、つまらない日常を送る人も多いかと思いますが、これは毎日に飽きている証拠であって、充実感を全く感じていない証拠です。

充実感は何かに没頭したりレベルアップすることによって、つまらない毎日を劇的に変えることができるわけですが、飾らない人は小さなことで満足でき、確実にレベルアップしているため、毎日が輝いて見えます。

もっと簡単に言えば、飾らない人は自分を主人公のように見立てることができ、主人公の自分だからこそ自分の意見を尊重し、後悔のないストーリーを歩んでいる途中なのです。

また、毎日が充実した日々でなくても大丈夫との考えもできるため、他人と比べて今の自分はつまらないと考えないことも、充実感に溢れた日々を送っていると思われる要因です。

 

幸せになれる選択ができる

「自分は自分。他人は他人」と思える飾らない人は、時にはノーを突きつけることができると述べましたが、これは自分を幸せな道へと導くことになります。

人生とは選択の連続であり、決断することで幸せか不幸せかが決まっていくものですが、常に自分に正直な飾らない人は、自分が幸せになるための選択が得意であって、選択の一つで幸せを感じることもできます。

例えば、楽しむはずの旅行で友人に「AとBのどちらがいいか?」と質問されたとします。すると飾らない人は、自分の意思をはっきりとさせるので、旅行先でも自分を押し殺して我慢する選択をしません。

もちろん自己中心的な人物とは違い、相手を幸せにできることも特徴であります。自分の利益だけでなく相手の意見に耳を傾けることができるため、強引に自分が幸せになろうとすることもありません

ありのままの自分でい続けるとは、気疲れや我慢するような人生を送るのではなくて、自分がどうしたいのか?を重視することであるため、自分にとって最高の選択を可能とします。

 

違いや認識を楽しめる

自分と他人の違いを楽しむことができ、「あの人はこんな価値観を持っているのか。」と楽しむことができることは、相手を否定することを遠ざけ、相手を受け入れることを可能とします。

自分と他人を比べないだけでなくて、違いや認識を楽しむことができる人はポジティブ思考であり、なおかつ捉え方が上手な人に限られます。

電車に乗り遅れた人を例に挙げるとすれば、電車に乗り遅れた時間を有意義に使おうを思えたり、その時間で荷物の整理ができたなどとポジティブに捉えることができることも、飾らない人が持つ魅力です。

そもそもネガティブ思考な人は他人と自分を比べてしまいがちですし、自分の悪い部分ばかりが見えるからこそ、見栄を張って少しでも自分を大きく見せようとするわけです。

違いや認識を楽しめることは、ありのままの自分を好きになる方法の1つであり、背伸びしないことや他人と比べないこと、考えが違う人がいても当たり前だという考えを、身につけることに繋がります。

 

✅飾らない人の心理

心が満たされている

なぜ飾る必要がないのか?を考えてみましょう。それは社会的に認められていたり、注目される存在でい続けることができているなど、様々な理由が存在しますが、飾らない人の場合は心が満たされています。

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP