「無理しないでね」に隠された深層心理6個|本音と狙い・見分け方

  • 無理しないでの本当の意味は?
  • 好きである可能性はある?
  • 相手の狙いが知りたい!
  • それぞれの見分け方とは?

無理しないでねと言われると、あなたはどのような感情を抱き、どういう受け取り方をするでしょうか?はっきりと言いますが、無理しないでねには良い意味であることが多く、ポジティブな意味であると伝えておきます。

ここではそうした人の心理だけでなく、「どの心理に当てはまっている可能性が高いのか?」の見分け方も紹介することで、心がすっきりとできる1ページとなっています。

また、中には「やましい考え」があってこその言葉である可能性があるため、そこにも十分注意しつつ相手の本性を暴いていきましょう。

どういう時に使うのかを考える


まずは「無理しないでね」という言葉を、多くの人はどういう場面で使うのかを考えてみましょう。これは自分自身に問いかけてみると簡単であり、ほとんどの場合が「相手を気遣って使っている」はずです。

つまり無理しないでねとは、間違っても嫌いな人には使う言葉ではないことが分かり、好意的な印象を持った相手にのみ使う言葉であることは間違いありません。

ただし注意点としては、明らかにあなたのことを好意的に思っていない相手の場合は、想像を絶する心理が隠れていることがほとんどであるため、ここについては後の心理でしっかりと勉強しておくべきです。

以下に6つの考えられる心理を紹介していくので、どれの可能性が高いのか?を自ら考えて読むといいでしょう。

 

無理しないでねの心理

社交辞令「気遣い」

上司や部下など会社仲間に言われた場合の無理しないでねの多くは、社交辞令であると受け取るべきであって、「一人で頑張らなくても大丈夫だよ」とか「違う日でもいいから無理しないでね」といった意味で受け取るべきです。

特に上司に言われた場合は、上司は部下の体調や精神面を気遣う必要もあることから、「無理をして今日終わらせなくてもいいぞ」といった意味であることも考えられます。

学校でも全く同じで、学校の先輩に無理しないでねと言われた時には、先輩は「一人で抱え込まなくてもいいぞ」などと優しさ溢れる意味で、あなたにこの言葉を使ったのかもしれません。

社交辞令であった場合はあなたが注意すべきで、社交辞令を真に受けて本気になってしまえば、相手は「こいつキモい」などと嫌悪感を抱いてしまう瞬間となるため、冷静な判断が必要です。

社交辞令を真に受けてしまう人の特徴としては、恋愛経験が浅くモテない人や空気が読めない人であり、空気が読めない人は冗談を本気にしてしまうことから、社交辞令に対して恋愛感情を抱くことが多くなります。

 

本当に心配している

相手の顔色が悪かったり元気がない時に、「無理しないでね」と優しい言葉を投げかけた経験があなたにもあるはず。これは相手を本当に心配している証拠であって、相手の体調を気遣っての言葉です。

本当に心配している人と社交辞令との大きな違いは、本当に心配している人は行動に移すことであなたを助けようとしてくれますし、その後もあなたの体調などを気にしてくれるはずです。

例えば、あなたがフラフラとしていて心配してくれたとしましょう。そして本当に心配している人の場合だと、家まで送ってくれたり薬を買ってくれるなどの、思いやりのある行動が見られやすくなります。

他にも、後日あった時に「あの後は大丈夫だった?」と気遣う言葉を投げかけてくれるなど、社交辞令とは明らかに違う対応が見られることがあるので、そうしたポイントを思い出して見分けをつけていきましょう。

ちなみにこちらの意味で無理しないでねと言われた場合は、あなたのことを好意的に思っている可能性が非常に高く、嫌な人ではなく良い人として良好な関係を維持したいと思っています。

 

応援の気持ち

今後のことを思ってなのか、応援する気持ちで無理しないでねとエールを送る人もいて、何か大きな目標がありそれに向けて全力で走り抜けている人や、受験真っ最中で日々勉強を頑張っている人に送りやすい言葉です。

夢追い人は夢を叶えるために常に無理をしがちですし、自分の体に鞭を打って日々自分を高めていくわけですから、頑張りすぎている姿を見て「無理しないでね」と一言かけることは、影ならが応援していると受け取ることもできます。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP