いい年の取り方をしている人の特徴|本当の意味・違う人との違いは?

芸能人でもそうですが、私生活が充実している人ほどいい年の取り方をしていたり、あなたの周りでも同じような環境の人ほど若々しいはずです。今を楽しむことができれば、誰でもいい年の取り方ができるとも考えられますね。

私生活が充実している人の特徴としては、「他人に依存しない」「切り方が早い」「プラス思考」「自分が幸せであると感じている」などが存在しますが、こうした環境で日々の生活を送ることは、自信に満ち溢れた自分を手に入れることにもなります。

自信に満ち溢れた自分を手に入れることができれば、年を取っても若作りする必要がなくなりますし、シワやたるみさえも「これが自分だ」と受け入れることができるので、変に若作りするきっかけを無くします。

 

生きがいを持っている

長生きできる人ほど生きがいを持っているとも言いますが、人生において生きがいを持つことは心が若返るため、内面から若々しく元気になりますし、前向きに毎日を過ごすことができます。

これはいい年の取り方ができる人も同じく、人生の目標がはっきりとしていたり使命感を持っている人ほど、生きがいを持ちながら毎日を過ごすことで、自分らしくイキイキとした人生を送ることになります。

さらに生きがいを持っている人は、周りと比べることなく自分の好きな道を突き進むことができることから、自然体でありのままの自分でい続けることができることも、いい年の取り方ができる人との共通点となります。

目の前のことに全力を注げたり、趣味や仕事に没頭できるなどの環境を作ることができる人ほど、いい年の取り方ができることは間違いなく、芸能界でも所ジョージさんなどが良い例です。

 

美意識が高い

いい年の取り方ができる人=美容に無頓着なのか?と考えると、それは違います。若い頃からある程度お肌の手入れをしていたり、美意識が高いからこそいい年の取り方だと評価される人もいます。

このタイプは芸能界で活躍できるような素敵な女性であったり、ある程度顔が整っているなどの条件がつきますが、年を取っても美意識高く日々自分磨きができる人も、年齢と共に評価されるタイプです。

勘違いしてはいけないのは、美魔女と呼ばれる人と美意識が高い人を一括りにしてしまうことであって、美魔女と呼ばれる人は確かに美意識は高いですが、彼女たちの多くは若く美しく見られることを求めています。

一方でいい年の取り方ができる人は、美意識が高いけれども自然な劣化現状を受け入れることができる人なので、変に若作りをしたり若く見せようとすることもありません。

 

ツヤ髪で美しい

いい年の取り方だと評価される人は、髪の艶がツヤ髪であるとも言われています。理由は簡単で、どれだけ顔は整っていても髪がパサパサだと残念に思われかねないからです。

特に女性は細かな部分に敏感で注目するので、髪のツヤがサラサラであるなどある程度キープされた状態の人ほど、いい年の取り方をしていると評価されやすいと考えるべきです。

老けを受け入れることが重要だと散々述べてきましたが、やはり美しく魅せるべき部分は魅せるべきであって、何も努力をしない人はいい年の取り方だなんて評価されることもありません。

芸能界でも宝塚出身の方ほどいい年の取り方をしていると評価されがちですが、彼女たちに共通する魅力は若々しいだけにあらず、髪の質がツヤ髪であることが挙げられます。

 

心に余裕がある

心に余裕がある人は常にポジティブ思考であり、自分に自信を持っているため堂々とした態度が魅力です。いい年の取り方ができる人も同様に、心に余裕を持ち続けることができています。

心に余裕を持つことができれば、話し方や聞き方に余裕が出てくるようになる他、常に平常心で物事に取り組むことができます。これらは全て表情に出る要素であって、心に余裕があるからこそいい年の取り方だと評価される顔つきが生まれます。

逆に心に余裕がない人は、常に心の中に不安要素や不満要素が溜まりに溜まっているので、少しのことでイライラしたり情緒不安定になるなど、表情が死んでしまうことが多くなります。

いい年の取り方ができている人は、必ずと言ってもいいほど表情が明るく人生経験を感じさせる余裕が見られるので、周りからは一目置かれる存在として魅力的に思われると覚えておきましょう。

 

年齢に見合った美しさ

いい年の取り方とは「美しさ」が必要であるため、魅力的な要素がない人は一生評価されることもありません。男性であっても女性であっても、年齢に見合った美しさがあるからこそ、高く評価されるわけです。

ここで注意しておくべき点は、年齢に見合った美しさ=100%見た目であるとの捉え方は間違いという点です。年齢に見合った美しさとは、動作やマナーなど年齢に見合った行動ができるかどうか?も重要なポイントです。

例えば、見た目は美しくともマナーが悪く暴言ばかり吐くような人は、いい年の取り方をしているとは評価されません。むしろ可哀想な人だとか、今まで何を学んできたのかとがっかりされるはずです。

多くの人生で学んできたことを行動に移せる人や、周りに迷惑をかけないなどのある意味当たり前の行動ができてこそ、いい年の取り方であると評価されていくのです。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP