いい年の取り方をしている人の特徴|本当の意味・違う人との違いは?

 

健康体な体

こちらも当たり前のことかもしれませんが、健康的な体でなければいい年の取り方をしていると思われることは珍しいです。不健康な人はむしろ醜い体となっているなど、体に何らかの支障をきたしているはずです。

例えばいい年の取り方をしている人は、高カロリーばかりを摂取するような肥満体型ではなくて、むしろ健康に気遣うことでスリムな体をしています。だからこそ美しいのです。

睡眠時間も同じく、質の高い睡眠を心がけるなどの工夫をすることによって、代謝活動促進や自律神経のバランスを整えるなど、見たからに健康体である見た目を維持しています。

もちろん肥満気味でもいい年の取り方をしていると評価される人もいますが、こうした人には他に圧倒的魅力が身についているのか、または健康体に見える程度の肥満であることがほとんどです。

 

姿勢が素晴らしい

姿勢が悪ければ様々なデメリットが付きまとい、魅力的な人から遠ざけてしまう事実をご存知でしょうか。1つ例を挙げるとするならば、姿勢が悪いだけでもポッコリお腹になりやすいです。

他にも疲れやすくなったり、猫背は暗く見えるため老けて見られるなど、とにかく自分の魅力を無くしてしまうのが姿勢の悪さです。

こちらも芸能人を参考に考えてみましょう。元宝塚歌劇団の女性陣や西島秀俊や竹野内豊といった男性陣は、姿勢が非常に良い共通点が見られます。彼らが年齢以上に若く見られたり、魅力的だと思われるのは姿勢が良いことも大きな要因なのです。

姿勢が素晴らしい人ほど若い頃よりも美しいとかカッコいいと評価されることが多いので、年をとって魅力的になった=いい年の取り方をしていると評価されることは、当然と言えば当然です。

 

適度な筋肉がついている

人は年を取るほど筋肉をつけなければならないと言われており、年を取ればある程度筋肉がついているのかどうか?の1つで、大きく見た目や魅力が変わってきます。

ある程度運動量をこなし筋肉をつけている人は、年をとっても健康体に見えることに加えて、若々しくイキイキとした活発な表情に繋がりやすいとも言われています。

理由は簡単で、筋トレという人生においての小さな目標や楽しみを見つけることは、やりがいや頑張るべき理由を見つめることなので、自然と表情がイキイキとしてくるからです。

いい年の取り方をするためには、適度な運動をする=健康的な日常を送ることが必須条件と言えるかもしれません。

 

メリットも考える

憧れの人物になれる

いい年の取り方ができれば、同性からバカにされることなく憧れの人物となりえます。「何をすればそんなに輝けるの?」などと疑問に思われることがあったり、一人の異性として興味を持ってもらえることも。

さらにいい年の取り方をしている人は、老若男女に愛される特徴も見られ、年齢を重ねても嫌らしい一面が全く見られないため、若い人であっても魅力的だと評価してくれます。

若いうちは可愛さやかっこよさが重要となる今の時代ですが、年齢を重ねるといい年の取り方をしているかどうか?が重要であり、いい年の取り方ができなかったと評価されると、若い頃がピークだったとガッカリされる人もいることでしょう。

 

いくつになっても輝いている

いい年の取り方をしている人は、いくつになっても輝いているように見えます。これは特に同性代から思われることであって、「自分は毎日がつまらないのにあの人は…」と、羨ましい限りの存在に見られることも。

毎日が楽しそうであったり輝いている姿を目の当たりにすれば、「自分も同じような人生を歩みたい」と思われることも不思議ではありません。いつまでも遊び心を持っている人ほど、輝いて見えたりもするものですよね。

良く同世代のスターに憧れを抱く人がいますが、こうした人々が憧れを抱いてしまう心理とは、同世代だからこそいつまでも輝いている人物でいて欲しいといった、自分では成し遂げられなかった夢を託している気持ちが隠れています。

 

老ける一方ではない

いい年の取り方をしている人とそうでない人。圧倒的な違いは老ける一方かそうではないかです。生きていても楽しくないとか、早く死にたいと思っている人がいるとすれば、その人物は今後老けていく一方でしょう。

逆にいい年の取り方をしている人は、まだまだ人生において達成していない目標を掲げていたり、今を楽しむことができていることから、老けていく中にも若々しい気持ちが残っています。

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP