いい年の取り方をしている人の特徴|本当の意味・違う人との違いは?

いつまでも若々しくい続けるとは、若い頃のようにチャレンジ精神を持ったり新たな刺激を感じることですから、新たな刺激に触れることで人は若返り、やりがいや目標を見つけることができるのです。

 

違う人との違いは?

好きな人生か嫌いな人生か

自分の嫌いなことばかりを選択してきた人は、苦労することは当然のこと、ストレスや暗い表情が根付くことで魅力を失っていきます。特に年を取ると、若い頃から癖づいた暗い表情などは大きなマイナスポイントとなります。

逆に自分のやりたいことや好きなことばかりを選択してきた人は、表情がイキイキとしていて今を生きています。輝いた表情や私生活が充実していることは、自分が嫌なことを選択していないからなのです。

もちろん社会に出ると自分の嫌なこともしなければなりませんが、断ることができるべきる場面ではきちんと断り、自分が本当にしたいことを選択し続けることは、幸せな選択をし続けることです。

プライベートでも相手の意見にばかり流されて、自分が本当にしたいことを選択できない人は、年齢を重ねるごとに表情が暗くなっていくことでしょう。

友人に誘われたからといって嫌いなカラオケに無理矢理行く必要はありませんし、一人でゲームがしたいのであれば断れば良いのです。人生とは選択の連続であるため、嫌なことばかりを選択する人ほど、いい年の取り方には遠ざかることになります。

 

思い浮かべた未来と一致すれば良し


「自分が思い浮かべた未来と似たような人生を送っているかどうか?」によって、いい年の取り方をしているかどうか?を決める人が多いです。この記事を読んだあなたも、自分の未来を想像したことが一度くらいはあるはずです。

例えば、30代の人は「40代になると課長クラスで毎日が楽しくなるのかな…」なんて未来を描く人もいます。こうした人にとっては、その描いた未来と同じような道に進めていれば、自分の心の中ではいい年の取り方をしたと思える確率が高くなります。

ここでは主に、いい年の取り方をしていると評価される人の特徴を述べてきましたが、結局のところ自分の心の中で「満足している」と思えればそれで良く、そうした思い込みがいい年の取り方だと評価されることに繋がります。

周りがどう思うのか?が重要ではなくて、まずは自分が満足しているかどうか?が重要です。日々の生活に充実感や楽しさを感じるためには、まずは自分が幸せになれる選択をしていくべきです。

休日には自分が本当にしたいことにチャレンジしたり、美味しいものを食べ歩くなどの行動に移すことさえできれば、あなたの今後はどんどんと良い方向に進んでいくことでしょう。

感動しない日々や乾ききった心に潤いを与え、刺激的な人生を送れるかどうかはあなたの行動次第ですから、今後の人生でいい年の取り方をしたいのであれば、楽しいことに積極的にチャレンジしていきましょう。

【いい年の取り方で検索した人にオススメの記事】

・人に左右されない人の特徴12選|される人との違いや原因・なり方

・シンプルな人の特徴12選|性格・恋愛・魅力について。そうなる方法も

・一緒にいて楽しい人の条件|異性-恋愛-疲れる人の違い30【完全版】

ページ:
1 2 3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP