大学生バンドの特徴|バンドマンはパリピなのかも合わせて紹介

自分が発掘したバンドが流行りだすと得意げな顔で「インディーズのときから応援していた」と自慢をしたりすることでしょう。

ガチ勢と楽しみ勢にわかれる

大学生バンドは、メジャーデビューを目指している本気な人たちと楽しみたい人にわかれます。

音楽が好きな者同士なのでお互いのモチベーションの違いで争うことはしません。

お互いを認めあいつつ、活動しているようです。

 

実際のところはパリピな人だけではない

ここまでの大学生バンド特徴を見てわかる通り、バンドマンはパリピとも言い切れません。

もちろんお酒も強くて飲み会も強く、モテモテなパリピのバンドマンもいるでしょう。

マイナビニュースのアンケートによれば、

Q.バンドマンと付き合ってよかったですか?

「はい」 33% 「いいえ」 67%

【出典】マイナビニュース

という結果が出ています。このことからも、モテるバンドマンは限られていることがわかります。

ライブのときはテンションをあげていても、それ以外では静かなことも多いのです。

 

まとめ

今回は大学生バンドの特徴について紹介してきました。

大学生バンドはお金がないのと大人しい性格からか、パリピのような生活はしていないことがほとんどです。

音楽のことを純粋に好きで始めた人が多く、音楽にどっぷりつかっています。

そのため、パリピというよりもちょっと話しかけにくい人の方が多いかもしれません。

しかし、慣れてくれば心を開いて話してくれる人も多いです。大学生バンドに出会ったときには、この特徴を思い出してくれると幸いです。

ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP