【占いは信じない方が良い】その理由と信じないことのメリット

たとえばリスクが大きな選択をすべきか迷っていたとして、固定観念を植え付けられた人が占い師に行動を起こすべき!!と言われた場合、リスクの大きさをよく考慮せずに行動してしまうことにつながりかねません。

そうした結果、大きな失敗をした人が大勢います。

占い師の言うことを信じて、事業を立ち上げたり恋人と別れたり、、そうした失敗談はネットで調べれば腐るほど出てきますよね。

もちろん当たった!という体験談を目にすることもありますが、どこか胡散臭いと思いませんか?

もし占い師の言うことを信じて行動すべきか迷っている人がこの記事を読んでくれているのであれば、その行動を起こすことで生じるリスクをもう一度よく考えてみてください。

何か行動を起こしたいと思うときはそう思うだけの理由があるので、それを冷静に自分自身で分析して、ときには信頼できる人に客観的な意見を仰いでみるのもいいでしょう。

その結果、行動を起こすべきと自分で判断し、うまく行けば自分に自信が持てますよね?

占いを信じるより、自分で判断し、行動する能力を身につけることが一番自分のためになるのではないでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたか?

もちろん占いを信じることで良いこともあると思います。

何も信じることができなくなったとき、藁にもすがる思いで良い結果の占いを信じて頑張るモチベーションにしてみたり、占いを信じることでなんとか生きていけるような環境にある人もいると思います。

今はつらいけど、頑張ればこの先きっと良いことがある!

そんな希望としての占いは必要といってもいいのではないでしょうか?

良い結果の占いを軽くに受け止めてみるのも、前向きになるために良いことだと思います。

もちろん信じすぎるのは良くないことですし、最終的には自分で物事の良し悪しを判断できるようになるのが最善だと思いますが、気分転換にいい結果の占いだけ軽く信じてみるぐらいであれば、ポジティブになれて良いかもしれませんね。

【合わせて読みたい】 占いを信じやすい人の特徴と占いで失敗しないための賢い使い方

ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP