高校生バンド

高校生バンドの特徴|軽音楽部のあるあるも紹介

高校生になると、バンドをはじめようと思う人が増えてきます。

実は、そんな高校生たちが組んだバンドには特徴がたくさんあります。

そこで今回は、高校生バンドの特徴を多くの人が所属する軽音楽部のあるあると合わせて紹介します。

文化祭やライブではカッコいいバンドマンですが、日常生活では人知れない苦労がたくさんあるのです。

高校生バンドによくある特徴~学校編~

はじめに、軽音楽部所属の有無にかかわらない高校生バンドの特徴について紹介します。

学校で楽器の保管場所に困り、教室で困りがち

高校生バンドの場合、放課後にそのまま練習に向かうということも多くなります。

そんなときには学校へ楽器を持っていくことに。

ドラムやボーカルの場合には荷物が少ないので問題がありませんが、そのほかの楽器であると大変です。

ギターやベースは教室での置き場所に困ることが多くなります。

ロッカーの上に楽器を置いておくのも不安で、自分の席のそばに置いておくと周囲に迷惑がかかります。

そのため、楽器を学校に持っていく度に困った状況になることが多いです。

自転車が実質二人乗りをしがち

高校生の移動手段として多いのが自転車。楽器を背負いながら自転車に乗る高校生をみたことがあるでしょう。

あの見た目からもわかるように、ほとんど二人乗りに近い状態になります。

そのため、風が強いと不安定になりやすく真剣な顔をして漕いでいることも。

楽器も自分も怪我をしないように慎重に移動しています。

特にキーボード担当の場合は自分の身長と同じくらいキーボードが大きいことも。

その場合は自転車に乗ると非常に不安定で、練習前の移動で疲れ切ってしまうこともあります。

電車移動も周囲の人に気を遣いがち

自転車での移動と同じくらい電車での移動も大変です。

満員電車でなければあまり気になりませんが、人が多いと何かと気を遣います。

車両の端のスペースで楽器を立て掛けていられればよいですが、大体の場合はつり革のところに立つことになります。

すると、楽器が前に座っている人に当たらないか緊張状態に。

仮に座れたとしても立っている人に楽器があたらないよう、ひざで必死におさえます。

電車で怖い顔をして乗っているバンドマンの中には、周囲に気を遣って必死がゆえの表情の人も多いでしょう。

はやく車の免許をとりたいと思っている高校生バンドマンも多いです。

昼休みに楽器を教室で楽器をいじりがち

これも高校生バンドにありがちな特徴です。

暇な時間があると、ついつい楽器を弾いてしまいたくなるのです。

バンドで練習する曲はもちろん、自分の趣味の曲を演奏し始めたりします。

みんなに楽器を自慢したい場合もあると思いますが、大抵は楽器に触りたい気持ちで触っていることが多いのです。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP