結婚のイメージ

【婚活女子必見!】24歳までに結婚する方法5選

最近は晩婚化が進み、女性の結婚年齢は30歳前後まで上がってきました。

昔は「女性の年齢はクリスマスケーキ」という言葉があったくらい、23、24、25歳ごろに結婚する女性が多いという世の中でした。

しかし、現代の女性達、なかでも都会のOLは、その年頃は新しい出会いや環境にわくわくしながら、新社会人として仕事に精を出して頑張っている人も多いことでしょう。

それでも、社会人3年目になったある日、今まで一緒に合コンや飲み会に行っていた女友達から、「私、結婚することになったの。」と突然言われます。

「おめでとう‼」と言いながらも、心の中では、「私はいつになったら結婚できるのだろう…」といきなり焦り始めます。そして、そんな焦りとは裏腹にどんどん周囲の結婚ラッシュがやってきます。

婚活の最先端で結婚した彼女達は、一体どんな方法で、どんな相手と結婚したのでしょうか。24歳までに結婚するための、社会人の婚活女子必見の記事です。

昔からの知り合いと結婚する

パターン① 学生時代から長く付き合った彼と結婚

これは王道のパターンですね。24歳で結婚する女性の大半が、学生時代からの彼氏と長く付き合って結婚をしていきます。

きっかけとしては、一度就職で遠距離になり、男性の準備が整った時点でプロポーズするという流れです。

長い付き合いで周囲からも付き合いを認知されていることから、男性も相手の女性に対して早くから責任を感じて、結婚を意識しだします。

現在大学生の皆さんは大学時代にしっかり将来のご主人を見つけちゃいましょう。結婚までの道はすぐやってくるかもしれませんよ。

パターン② 昔からの友人と再会して結婚

筆者は24歳の時にこのパターンで結婚しました。「お互い勤務地・大学が東京だから久しぶりにご飯でもいこうよー!」という上京あるあるがきっかけです。

都会で孤独な一人暮らしをしている時に、昔ながらの知人に会うとなんだかほっと落ち着きますよね。

育った環境が同じというのは、結婚する際にも両親同士の家が近いことなど、メリットが沢山あります。

昔は恋愛対象として見ていなくても、久しぶりに再会して大人になった友人を見て、恋に落ちるというパターンです。

 

入社して出会った人と結婚する

パターン① 会社の同期と結婚

入社すると新入社員研修がありますよね!会社に、どんな人達がいるのだろうとドキドキしながら参加をします。

新入社員研修は社会人になるにあたって色々なことを学ぶ場でもありますが、同期とまるで学生時代の様に仲良くなり、そのままお付き合いになる人もちらほら…。

一番早い男女は研修の時点でお付き合いを始め、配属先で働いて社会人3年目になった頃に結婚します。これも王道パターンですね。

仕事の出来る男性や、人気者の男性はこの時点ですぐに女性からアプローチを受けて結婚していきます。

ただし、新入社員同士ですので、お互いお金を貯める努力や数年付き合う努力が必要です。共に成長しながら結婚したい男女にはおすすめのパターンです。

パターン② 会社の先輩と結婚

会社に入社して配属が決まると、配属先にいる先輩と恋に落ちるパターンです。

元々女性は仕事の出来る男性にときめきますよね。優しく仕事を教えてくれる先輩と毎日仕事をしているうちに、「あれ、先輩のこと好きかもしれない。」と女性が男性を尊敬し、お付き合いが始まります。

そして周囲に少しずつ交際している噂が広まり、結婚に至るパターンです。これも、交際が周囲に認知される為、男性も責任を感じて結婚を考えやすいです。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP