【婚活女子必見!】24歳までに結婚する方法5選

この結婚のメリットは男性側が収入面で女性よりも多いという点です。

すぐに結婚となっても障害となることが少なく、お付き合いを始めて割とすぐに結婚に至りやすいです。年上男性が好きな女性にはおすすめです。

パターン③ 会社の後輩と結婚!?

こちらはレアパターンですが、女性の先輩社員側が、入社してきた後輩の男性に目をつけて結婚をするというパターンです。

実際に筆者の友人にもいました。彼らは社会をまだ知らない状態なので、年上女性から優しくリードされると男性側もまんざらでもなくなる…という可能性があるのです。

ただし、このパターンは、結婚しても女性側の収入が高い場合があるので、二人で協力してお金を貯める必要はありそうです。

 

結婚適齢期の男性をロック・オン

仕事が楽しい男性も、30代になると周囲が結婚し始めることで結婚を意識するようになります。

この頃の男性を狙ってアタックすると早く結婚するチャンスがあるかもしれません。

男性の「次付き合う子とは結婚を考えられる人がいいな。」というセリフをよく耳にしませんか?ここで、家庭的アピールをすれば彼らの心をゲット出来るかもしれません。

ただ、この手の男性はある程度の年数を独りで暮らしています。彼らの生活スタイルが自分にとって無理がないのか、協力して夫婦関係を築いていけるかをしっかりと見てみてくださいね。

 

同棲前に彼の結婚の意思を確認する

同棲する男女
現在お付き合いをしている男性がいるなら、極力同棲はしない方がいいです。

なぜなら、同棲をしてしまうと男性にとって結婚のメリットがなくなってしまうからです。

大好きな彼女と毎日一緒に居られる上、料理や家事までしてもらえて何の責任も持たなくていいのですから…。

もし同棲をしたいのであれば、同棲前に結婚する意思があるのか確認をしてから同棲をしましょう。

 

相手に結婚の意思を伝える

プロポーズする男性

パターン①「私、24歳までに結婚したいからプロポーズして?」

これはかなり勇気がいる方法です。相手にプロポーズをする期限を設けることで、俺がここでプロポーズしなかったら他の男のところにいってしまうのか?と思わせる作戦です。

これは結婚に対して勇気が出ない男性や、結婚を全く意識していない男性が結婚を意識し出すきっかけになります。

このセリフはきっかけ作りでいいのです。早いうちから二人で生活すれば、いいお家に住むことや、精神的に支え合うこともできます。

結婚するメリットを徐々に男性に伝えることで、彼の気持ちを「俺もプロポーズしようかな。」というところまで導いてあげてください。

パターン② 可愛くおねだり「◯◯君のお嫁さんにして!」

このセリフ、デート中に軽く言ってみてください。重く言っては現実味がでるのでダメですよ。あくまでも軽く。

よく結婚の話をしないまま同棲をし、結婚の話を今更しづらい・・という女性の声を聞くことがあります。

勇気をだして自分の意見を伝えましょう。そして、もし自分の意思を伝えて拒否をされたなら、その彼とはお別れをして次の男性を見つけましょう。

そうやって自ら区切りをつけていかないと、貴方の大切な時間が奪われていくばかりです。

 

まとめ

24歳は社会人になってすぐにやってきます。結婚したい女性は早めに行動することが大切です。

ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP