マツコ・デラックス炎上まとめ

あの会見では、お二人が自らの過ちを何度も嗚咽しながら正直に謝罪していました。それをご覧になった方の殆どはその誠意に免じて許したのではないでしょうか?

謝罪会見までする必要は無いと思いますが、マツコ氏も番組内で自らの非(有権者を批判したこと)を正直に謝罪すれば殆どの方は気持ちが晴れるのでは無いでしょうか?

直近に上記の謝罪会見があったということもあり、依然として沈黙を貫く彼女に対してより世間の不満は募るばかりです。

 

新しい地図への批判、圧力問題

元SMAPの香取慎吾氏、草彅剛氏、稲垣吾郎氏は現在「新しい地図」として活動されていますね。

彼らが不自然にテレビ出演しなくなったことについて、世間ではジャニーズ事務所からの圧力があるのでは?との声が出ています。それを受けて公正取引委員会がジャニーズ事務所へ注意したことも記憶に新しいですね。

しかしこの新しい地図のテレビ出演に対して、マツコ氏も圧力をかけていたのでは?と週刊文春が報じました。

事の発端は2017年10月24日放送の「5時に夢中!」へ稲垣吾郎氏が初出演した際、その反響が大きく好評であったため、同番組スタッフと稲垣氏の所属事務所との間で稲垣氏を準レギュラーにしてはどうかという声があがりましたが、それにマツコ氏が猛反対したため、白紙にもどったということです。

その問題について週刊文春がマツコ氏に直撃したところ、彼女は圧力については否定したものの、

  • 「あの三人はSMAPだからチヤホヤされていただけ」
  • 「SMAPじゃなくなった三人に魅力を感じますか?」

とコメントしたという話です。

この週刊文春の記事を受けて彼女は、編集に悪意があるとの声を上げましたが、その発言については特に否定しませんでした。

これに対してツイッターでは、「結局新しい地図を批判したことは変わりない」「がっかりした」などの声が上がっています。

いくら人気者の彼女といえども、元国民的アイドルとそのファンを敵に回してしまってはある程度のイメージダウンは避けられないのではないでしょうか?

週刊文春の悪意のある編集にはすぐに抗議するのであれば、新しい地図を批判したことについて、彼らとそのファンにすぐに謝罪したほうがいいのでは?と思ってしまいますよね。

 

小泉進次郎氏について、大っ嫌いですと批判

8月8日に小泉進次郎氏と滝川クリステル氏が婚姻届を提出したことは記憶に新しいですね。

しかしそのニュースを受けて、マツコ氏が過去に小泉進次郎氏を批判したことが大きな話題となっています。

2012年、「5時に夢中!」内でマツコ氏が当時話題となっていた、小泉進次郎氏に対する印象を問われた際、

  • 「うん、大っ嫌いです!」
  • 「血反吐吐くほど嫌いです」

とバッサリと批判しました。これについてその理由を求められると、

「何をしてくれたのよ、このガキが!!」

とまたまた一刀両断。

たしかに当時はまだ新人で、大きな実績もなかった彼はその端正な顔つきと、小泉純一郎元総理の息子ということで異様に持ち上げらるような報道が目立っていました。彼女のこの発言はそのメディアの不自然な持ち上げ方に対する批判も込めてのことでしょう。

しかし彼はその後メキメキと頭角を表し、現在ではポスト安倍と言われるほどの実力をつけています。

今後小泉進次郎氏に関する報道がされた際、過去の発言について、彼女がどういう反応をするのか気になりますね。

 

まとめ

いかがでしたか?

ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP