HSP(Highly Sensitive Person)の人の特徴|HSPの人が好む環境も紹介

最近「HSP」という言葉を耳にする人も多いでしょう。

テレビや雑誌・書籍、ネットニュースで取り上げられるようになり、知名度も上がってきています。

しかし、「HSP」という言葉は聞いたことがあっても、意味やどんな特徴があるかを知っている人は多くないでしょう。

この記事では”HSPの人の特徴“について紹介します。

筆者は医師ではないのでこの特徴が絶対に正しいとは言い切れませんが、参考にしてください。

HSPってどんなものを指す?

まずは、HSPについて簡単に紹介します。

HSPは、アメリカの心理学研究者であるElaine N. Aron博士が提唱している気質です。

Highly Sensitive Personの略で、”敏感な人“ということを指します。

ただし、これは病気ではなく、その人の「気質」であることが特徴です。

そのため、HSPだからといって病院にかかる必要はありません。

敏感な自分を受け入れて、少しでも敏感さを和らげるための工夫を行っていけばよいのです。

HSPに関しては本もたくさんでているので、詳細は本を読むとわかるでしょう。

【おすすめの本】

  • The Highly Sensitive Person:How To Thrive When The World Overwhelms You/Elaine N. Aron, Ph.D.
    →HSPを提唱しているElaine N. Aron博士の書いた本です。英語が読める場合にはこちらがおすすめです。
  • 鈍感な世界に生きる 敏感な人たち/Ilse Sand著・枇谷 玲子訳
    →日本語で書かれたHSPの本です。この本では、特徴とともに対処法も書かれているため、HSPに悩んでいる人におすすめの本となります。
  • 敏感にもほどがある/高橋 敦
    →HSPについて漫画で紹介されています。正確な定義について知りたい人には向きませんが、「こんな経験をしたことがある」と共感したい場合にはおすすめです。非常に読みやすいHSPに関する本です。

 

HSPの人の特徴

次に、HSPの人の特徴について紹介します。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP