HSP(Highly Sensitive Person)の人の特徴|HSPの人が好む環境も紹介

敏感な方であれば、共感できるものも多くあるでしょう。

ただし、当てはまるものがある=HSPとは限りませんので、詳細はおすすめ本で紹介した専門書を参考にしてください。

音の刺激に敏感

  • 寝ているときに、隣の人の寝息が気になる。
  • 電車のアナウンスの音が耳に響く。
  • 都会の人混みを歩いていると、耳に刺さるような感じがする。
  • 業務中に電話がなると気になってしまい集中できない。

このような感覚がある人がHSPには多いようです。

聴覚から入ってくる刺激に非常に敏感なため、ささいな音でも気になってしまい疲れてしまうことがあります。

電車のアナウンスが気になる場合には、毎日の通勤の時点でへとへとになってしまいますね。

また、仕事で電話が鳴る度にビクッとしてしまいなかなか業務に集中できない場合もあるでしょう。

音の刺激に敏感なHSPの場合には、仕事がはじまる前から終わった後まで気になる刺激がたくさんあります。

周囲の目が気になる

周囲の目が気になるというのもHSPの特徴です。

  • 悪いことをしていないけれど、周囲が気になる。
  • 周囲に人がいると作業に集中できない。
  • フリーアドレスの職場は苦手。

HSPの人は、このような思いをしていることがあります。

そのため、最近増えているフリーアドレスの職場の場合には、毎日緊張してしまうでしょう。

また、休日にショッピングをする場合でも他人の目が気になり、疲れ切ってしまうということもあるかもしれません。

光にも敏感

HSPの人は、光にも敏感です。

そのため、照明がまぶしく感じたりすることもあります。

また、スマホやパソコンなどのバックライトが苦手という人もいるようです。

他人から言われたことを受け止めすぎる

HSPの人は、言葉にも敏感です。

友人に言われたことをつい気にしすぎて落ち込んでしまうことがあります。

相手からすれば大した意味をもって話していないことであっても、HSPの人は深読みをして解釈してしまうことも。

そのため、ちょっとしたことにも傷つきやすいです。

仕事で上司になにかを言われたら、なおさら気にしてしまうでしょう。

人の言葉を気にしすぎてしまうのもHSPの特徴です。

匂いに敏感

HSPの人は、タバコの臭いや食べ物のにおいにも敏感。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP