HSP(Highly Sensitive Person)の人の特徴|HSPの人が好む環境も紹介

そのため、部屋の中のにおいで気持ちが悪くなってしまうこともあるようです。

周囲の人が気にしていない場合でも、HSPで嗅覚が敏感な人には気になることも。

自分がコントロールできるにおいであれば良いですが、そうでなき場合には辛い思いをします。

他人の感情に影響を受けやすい

他人の感情にも影響を受けやすいHSPの人もいます。

自分が怒られているわけではないのに辛くなってしまったり、泣いている人がいると自分まで悲しい気持ちになってしまったりすることがあります。

自分と相手との境界線があいまいなために、相手の感情に過度に共感してしまうことがあるようです。

テーマパークは楽しいが、どっと疲れがたまる

HSPの人は、テーマパークが苦手な人も多いです。

遊んでいる最中でも楽しさとともに光や刺激、人混みによる疲れがどっとたまります。

そのため、テーマパークから帰宅後はぐったりしてしまうことも。

テーマパークで遊んだ後は必ず一人の時間を設ける必要があるHSPの人も多いです。

一対一でのやりとりが落ち着く

HSPの人は、大人数よりも一対一のやりとりを好む特徴があります。

大人数だと、それぞれの人のことを気にするために疲れてしまうのです。

一方一対一の場合には、目の前の一人に集中すればよいので、リラックスをして話すことができます。

衣服やタオルなどの着心地・さわり心地に敏感

そして、触覚の敏感さを抱えているのもHSPの人の特徴です。

服の素材によるチクチクした着心地がきになったり、タグがついていると痛いと感じたりすることもあるようです。

また、手や顔を拭くタオルも、素材によっては不快に感じることがあります。

 

HSPの人が落ち着ける環境の特徴

落ち着いている人
最後に、HSPの人が落ち着ける環境の特徴を紹介します。

自分がHSPだと思う場合は、それぞれの環境を試してみると良いでしょう。

また、周囲にHSPの人がいる場合には配慮をしてあげると良いかもしれません。

もちろん、HSPといっても人それぞれで敏感なことは異なります。

その前提で読み進めてください。

一人の時間

HSPの人は、一人の時間が落ち着きます。

人とのかかわりが嫌いなわけではありませんが、刺激が多すぎて疲れてしまうこともあります。

そのため、一人で考え事をしたりする時間があると落ち着き、疲れを癒せるようです。

自分の時間をもつことで、エネルギーを充電できるHSPの方も多くいます。

静かな空間

一人でなくても、静かな空間にいると落ち着くHSPの人が多いようです。

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP