躁鬱病の人のイメージ

双極性障害の人の特徴|双極性障害の人への接し方についても紹介

双極性障害は、躁うつ病と以前よばれていた病気です。

「うつ病」と入っているためにうつの症状をイメージすると思いますが、うつ病とはまた違った辛さがあるのが特徴で、長期な治療が必要な病気とされています。

この記事では、そうした“双極性障害”の人の特徴を紹介していきます。

なお、筆者は医師ではありませんので、この特徴が絶対に正しいとは言い切れないということを踏まえて参考にしてくださると幸いです。

双極性障害とは?

まずは、双極性障害についての大まかなことを解説していきます。

厚生労働省の「知ることから始めよう みんなのメンタルヘルス」というサイトに、双極性障害のことがわかりやすく説明されています。

双極性障害は、躁状態とうつ状態をくりかえす病気です。躁状態とうつ状態は両極端な状態です。その極端な状態をいったりきたりするのが双極性障害なのです。
(中略)周りの人たちが「どうもいつものあの人とは違う」と気づき、「ちょっとおかしいのでは?」と思えるほどその気分が行き過ぎていて、そのために家族や周りの人が困ったり社会的信用を失うほどであったら、それは、双極性障害かもしれません。
【出典】双極性障害(躁うつ病)|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

このように、常識的な範囲を超えるほどの気分の上がり下がりがある場合には、双極性障害の可能性があるでしょう。

また、双極性障害とうつ病については治療の方法も異なるそうです。

名前は似ていますが、自分でコントロールできないということ以外は別物と考えておくとよいでしょう。

双極性障害は、100人に1人の割合でかかっていると考えられる病気のようです。

 

双極性障害の人の特徴

次に、双極性障害の人の特徴を紹介します。

双極性障害では、気分の波が関わってくるために、一人ひとりの症状が全く同じになるということはありません。

そのため、今回紹介する特徴も参考程度にご覧ください。

自分で気分がコントロールできないため、自分も周囲も困惑する

双極性障害では、自分で気持ちがコントロールできません。

昨日まで元気だったとしても、急に気分が落ち込んでしまってどうしようもないことがあります。

病気に向き合う期間が長くなると、「気分が落ちそうだ」、「気分が上がってきているから注意」などと気がつける人もいるようですが、気づけたとしてもコントロールは難しいでしょう。

また、周囲に迷惑をかけているという自覚のある人も多いようです。

躁状態のときには、衝動買いをしてしまう

躁状態のときには、「自分の病気が治った」、「今までの自分は偽物で、今の元気の良い自分が本物だ」と思い込むこともあるようです。

気持ちが大きくなると、ついつい衝動買いをしてしまうこともあるそうです。

衝動といっても、通常の衝動買いとは桁が違うことも。

数百万円の買い物をしてカードの利用額が使えなくなってしまったり、高額の投資をしたりしてしまうこともあります。

そのときには良い気分ですが、後々考えると「なんでこんなことになったんだ」と思うこともあるようです。

躁状態では睡眠が短くても元気に行動できる

躁状態のときには新しいアイディアやしたいことがどんどん浮かび、夜も眠るのが惜しい気持ちになります。

そんなときには睡眠時間が短くなりますが、躁状態のときには睡眠不足が全く気になりません。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP