プログラミングする男性

自閉症って何?特徴や向いている職業を紹介します

自閉症の特徴や、自閉症の人にはどんな職業が向いているのかを紹介します。

この記事では、症状や特徴の代表的なものを取りあげていきます。

そのため、今回紹介する特徴に当てはまるから自閉症というわけではありません。

また逆に、当てはまらないから自閉症ではないとも言い切れないことはご承知おきください。

自閉症ってなに?

まずは、自閉症の定義について紹介します。

自閉症は、厚生労働省のページで以下のように説明されています。

自閉症は「1.対人関係の障害」「2.コミュニケーションの障害」「3.パターン化した興味や活動」の3つの特徴をもつ障害で、生後まもなくから明らかになります。最近では症状が軽い人たちまで含めて、自閉症スペクトラム障害という呼び方もされています。
【出典】自閉症について | e-ヘルスネット(厚生労働省)

この文章からもわかるように、自閉症の症状は大きく3点です。

まず、対人関係

対人関係では、周囲とのかかわりが難しいということがあるそうです。

たとえば、相手の気持ちを推し量ったりすることが難しかったりするために、友人や周囲の人とのトラブルが起きてしまうこともあります。

また、周囲に合わせて行動するのが難しいことも多く、集団活動が苦手という場合もあります。

そのため、「マイペースだね」などと声をかけられた経験がある人もいるでしょう。

次は、コミュニケーションの障害

話すこと自体が難しいという場合もあてはまります。

人とのコミュニケーションが難しく、思うように意思が伝わらないことも。

また、言語以外のコミュニケーションも得意でない場合が多く、ジェスチャーなどの非言語コミュニケーションの意味が読みとれないなどの症状もあるようです。

最後に、パターン化した興味や活動

自分の行動や興味に自分なりのこだわりがあるということを指します。

独特な興味に一直線に集中するため、興味の幅が広がらないこともあるでしょう。

また、独自のルーティンを大切にしており、それが崩れると不安になるという場合も。

自閉症と診断されている方の中には、以上のような症状に悩むことが多いようです。

 

自閉症の方に見られる特徴

ここでは、より掘り下げて自閉症の方によくある特徴を紹介していきます。

感覚センサーが過敏

自閉症の方は、視覚や聴覚、触覚や味覚などの感覚が過敏なことが特徴です。

視覚の例をあげると、蛍光灯の明かりや街の街灯がまぶしすぎるということがあります。

そのため、LEDライトの明かりが苦手な方もいるようです。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP