大人ADHDの特徴|向いている仕事は?

 

ADHDにはどんな仕事が向いている?

最後に、ADHDの方に向いている仕事を紹介します。

クリエイティブ系の仕事

ADHDの人は、クリエイティブな仕事に向いている場合があります。

さまざまなことに興味をもてるため、独創的な発想をできる場合が多いでしょう。

たとえば、イラストレーターや漫画家などとして活躍しているADHDの方は多くいますね。

その他、ウェブライターなどとして働いている人も多いようです。

自身の興味のある分野

ADHDの人は、興味のることにとことん集中できる場合があります。

そんな場合には興味のもてる分野での仕事をするとよいでしょう。

興味のあることに没頭できる研究職などが向いているかもしれません。

たとえば、薬品に興味があるため製薬会社の研究職として働くといった場合や、大学の教授職を目指してもいいかもしれません。

もちろん、就職までに長い道のりがありますが、好きなことであれば苦にならずに集中できる場合も多いようです。

フレックス制または出勤時間が遅めの仕事

特徴でも紹介したように、ADHDの方は朝の時間や集合時間に合わせるのがニガテという場合があります。

そのため、フレックス制を採用している仕事もオススメです。

フレックス制であれば、コアタイム以外は労働時間に融通が利くことが多いため、朝が弱い方でも安心です。

また、出勤時間が10時以降など遅めの仕事もオススメ。

朝早くに起きるストレスが軽減されるために、仕事にも精を出せるでしょう。

突発的な業務がすくない仕事

突発的な業務が入りにくい仕事もオススメです。

突発的な業務が入ると、優先順位を立てにくくなり、なかなか仕事が片付かなくなるかもしれないからです。

そのため、1日のスケジュールが立てやすいと締め切りなども踏まえて仕事がしやすいでしょう。

 

おわりに

今回は、ADHDの人の特徴や向いている仕事について紹介しました。

ただし、ADHDの人は多種多様な企業で働いていることも多いです。

自分なりに特性を踏まえて仕事を調整すれば大丈夫という方もいます。

また、仕事をしていてADHDと気がつく場合もあるようです。

そのため、「ADHDだから」と悲観的にとらえるのではなく、自分のニガテを少しでも軽減できる働き方を探すのもオススメです。

もしも障害者手帳をもっている場合には、障害者枠での就職や転職という選択肢もあります。

心配なことは医師に相談しながら、自分が苦しくない方法で生活できるのが一番です。

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP