咳払いする人の心理的特徴7選

咳払いする人というのは、基本的に男性に多く見られ、男女ともに嫌な思いをする行動パターンといえます。

そんな咳払いする人の心理には、ある一定の特徴がみられ、咳払いしたくなる状態というのが誰にでも存在するのです。

今回の記事では、そんな咳払いする人の心理的特徴について、7選にまとめてみました。

ここから咳払いする人の、心の弱さなどが分かってくるはずです。

スポンサードリンク

存在をアピールしたい

風邪でもないのにわざと咳払いする人は、自分の存在をアピールしたがっている証拠です。

おそらく本人の中では周囲から忘れられているという感覚があり、その寂しさから少しでも自分の存在を思い出させるために、アピールしようとしていると考えられています。

もっと別の形で堂々とアピールすればいいのですが、こういうタイプの人は気が小さいところがあるので、大げさなアピールはできず、せいぜい咳払い程度で収まってしまうのです。

いずれにしても咳払いする人は、自分が周囲から忘れられたと思ってる可能性があります。

 

一種の威嚇

男性で咳払いする人の中でも、よく街中で男性グループの近くを通りかかるときに咳払いをする人がいます。

このパターンの人の心理というのは、一種の威嚇と考えられ、咳払いすることで自分の存在感を示しているのです。

若い人に見られがちなこの心理的特徴ですが、「自分は強いんだぞ」というメッセージの表れとも言い換えることができます。

ですから咳払いをされてイラッとしてしまう人は、このような心理的行動に出たことがある可能性が非常に高いです。

なぜなら、自分が同じようなことをしているのですから、されると意味が分かり、イラッとしてしまうのです。

 

ストレスを感じている

咳払いする人の心理的特徴の一つは、本人の心の中でストレスが充満しているということです。

充満したストレスはいろいろな方法で発散させることができますが、その人にとってはそれが咳払いという形で現れることもあります。

咳払いすることによって、どのぐらいストレスが発散されるのか、それは本人にしか分かりませんが、いずれにせよ何かの思いや心理的なプレッシャーを感じている人は、咳払いを行うことでストレスを発散させようとする傾向があります。

嫌がらせするために咳払いをする人がまれにいますが、このタイプの人に当てはまりやすい心理的特徴となっています。

 

相手の反応をうかがっている

よく密接された空間で、異性に対して咳払いをする人がいますが、これは咳払いをすることにより、相手の反応をうかがっている心理的特徴が考えられます。

咳払いをして反応があった場合は、「脈ありかもしれない!」なんて、勘違いを起こしてしまう人も世の中にはいるのです。

また、声をかけるタイミングをうかがっているなんてことも考えられ、異性と密接な空間にいる場合は、声をかけるタイミングをうかがっているのかもしれません。

 

堂々と注意喚起できない

咳払いするのは、誰かがよくないことをしていてそれを注意喚起する狙いもありますが、こうした方法で注意を促そうとする人は、とても神経質な人が多いのが特徴的です。

というのも、無神経な人は、誰かが何かよくないことをしていても、それに対して正面から文句を言って改善させようとするからです。

それを咳払いでさりげなく教えようとするのは、相手を気遣っている場合もありますが、本人も神経質になっている証拠でもあります。

つまり、自分がその人を注意することで、別の新しいトラブルを招いてしまうのではないか…そんな風に神経質に考えてしまうのです。

だからこそ、ストレートに口で言うのではなく、咳払いによって注意喚起しようとします。

 

配慮にかける、無神経な人

咳払いを本人のストレス発散のためにやってるとしたら、その人は相当に配慮に欠ける人だと考えることができるでしょう。

なぜなら、普通の人は自分にストレスが溜まっても、それをぐっと抑えて我慢して、誰にも迷惑のかからない方法でそれを発散させようとするからです。

それは周囲に配慮しているからこそですが、周囲に配慮できない人は、自分に怒りや不満が沸いてきたとき、すぐにそれを外に出そうとします。

それが咳払いという形で現れているのです。

周囲に配慮できる人は、ストレス発散のために不必要に咳払いを行ったりはしません。

 

勘違い

咳払い=少しヤンチャでかっこいい、なんて勘違いをしてしまった結果、咳払いを意識的にしている人もいます。

咳払いすることは確かに目立つ行為ではありますが、かっこいい行為などではありません。

このタイプの人に共通する心理的特徴というのは、自分の欲求が満たされていないことにあります。

本当はもっと周りから尊敬されたい…そんな満たされない心理的欲求を、咳払いをすることにより自己満足し、心理的欲求を解消しているのです。

 

咳払いは、好感度ダウンの原因です

いかがだったでしょうか。

咳払いをすることにより、好感度がダウンしてしまうことは、よくあることです。

そもそも人前で咳をして、いい気になる人なんてそうそういません。

もちろん時と場合によりますが、無駄な咳払いをするくらいであれば、しない方が自分のためになるのかもしれません。

また、「負けたくない心理的特徴9つ」もセットで読んでみましょう。

負けたくないと思うからこそ、咳払いをする人もたくさんいるわけですが、それらの人のさらに奥深い心理も覗いてみませんか?

スポンサードリンク

コメント

    • 咳払いは息くさいいじめられっ子
    • 2017年 8月 16日

    きも

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP