仲間外れにされる人の典型的特徴10選

仲間外れにされてしまい、一人ぼっちで学生生活を暮らしている人や、社内で一人ぼっちという寂しい経験をしている人は、案外日本にも多いです。

これらの人にはある一定の特徴がみられ、それは自分が原因なのか、または相手が原因なのかを、まずはしっかりと把握しておく必要があります。

仲間外れにされっぱなしという人は、おそらくこの仲間外れにされてしまった原因を把握できていないか、強がって仲間に入ろうとしないかのどちらかでしょう。

中には仲間外れにされるのは理由なんて存在しない!と嘆く人もいますが、物事には必ず原因が存在します。

そんな仲間外れにされる人の典型的な特徴を知り、自分自身に見覚えがないのか、一度チェックしてみましょう。

スポンサードリンク

目をつけられやすい

権力者に目をつけられ、仲間外れにされてしまった経験をしたことが一度でもある人は多いはずです。

このような権力者に目をつけられてしまう人は、どこか優れた魅力を持っていることが多いので、その魅力が権力者の機嫌を損なってしまうのです。

グループで一番の力を持っていると自覚している人は、グループを自分以上にうまく仕切られた時などに、仲間外れにしてしまうことが多いです。

これは他にもたくさんあり、周りからちやほやされて羨ましいとか、自分が好きな人が仲間外れのターゲットが好きだったなど、何らかの嫉妬心が原因で仲間外れにされている可能性が考えられます。

 

自己中心的である

仲間外れにされやすい人の特徴の一つは、自己中心的であることです。

このタイプは、いつも自分中心で自分のことばかり考えて行動しているので、周囲からは嫌われてしまい、避けられるようになっていきます。

これはある意味、自業自得といえるかもしれませんが、特に日本では我がそれほど強くなく、みんなで協調することを重んじているので、自己中心的な人は仲間外れにされてしまいます。

 

見下されている

運動ができなかったり、勉強ができなかったりと、他人よりも出来ないことが多い人は、それが原因で見下され、仲間外れにされてしまうことはよくあることです。

さらに、仲間外れにしないでほしい、仲間に入れてほしいという必死感が相手に伝わってしまい、見下されてしまっている可能性も考えられます。

このような事で仲間外れにされてしまうということは、非常に理不尽なことだともいえます。

類は友を呼ぶと言う言葉がありますが、あなたと同じような辛い経験をしている人の元へと集まれば、あなたを受け入れてくれる温かいグループが出来ることでしょう。

 

周りが理解できないことばかり言う

周囲の人が知ってる話題を提供していけば、仲間外れにされることはありませんが、周囲が知らないようなことばかり言うと、毛嫌いされて仲間外れにされる可能性があります。

なぜなら、集団の中で一人だけ意味不明なことを言ってる人がいると、その人は危険人物だとして排除されてしまう傾向にあるからです。

人は誰もがいつも同じ話題を共有していたいので、少しでも自分たちに分からないようなことを言う人がいると、その人を仲間外れにしようとします。

 

見た目で受けつけられない

特に精神年齢が低い子供ほど、見た目で相手を判断してしまい、仲間外れにしてしまいがちです。

ハーフだからいじめられたとか、デブだからいじめられたという過去を暴露する芸能人がいますが、まさにこの代表例と言えるでしょう。

見た目で受けつけないといわれるのであれば、そのような受けつけない人には、基本的に近づかないことです。

自分を認めてくれる人の元へと近寄り、新たな絆を作っていく必要があります。

 

ルールや常識を守れない

集団や組織のルールや常識を守れないことも、仲間外れにされる人の特徴です。

特に集団協調を重んじる日本においては、組織で定められたルールや常識を破ることは重罰に等しく、それを破るような人を激しく嫌悪するようになります。

そして、その人に掟を破ったことへの制裁を与えるために、仲間外れにするのです。

どんな組織や集団でも、仲間外れにされやすい人というのは、こうしたルールや常識を守れないという特徴を持っています。

 

気が弱い

気が弱く、自分の言いたいことが全く言えない人や、人に話しかけることが苦手な人も、仲間外れにされる人の特徴の1つです。

気が弱いということで相手になめられてしまい、こいつは何をしても怒らない、または安全だという理由から、いじめなどに発展しやすいです。

さらにこのタイプは、見た目も考え方も暗く、一緒にいても幸福感を味わえないことも多いので、人が寄り付きにくいという共通点も見られます。

 

優しさや配慮に欠ける

人への優しさや配慮にかけることも、仲間外れにされやすい要素です。

日本では特に博愛の精神をもつことが重んじられていますが、人に対しても動物に対しても、それを優しく扱って保護することが暗黙のうちに求められています。

よって、これに逆行するような優しさや配慮に欠ける言動というのは、すぐに仲間外れにされる要因となります。

実際に仲間外れにされやすい人を観察していると、往々にして優しさに欠けていることが少なくありません。

 

自分に自信を持てない

自分に自信を持てない人は、どこか魅力に欠けてしまう分部が多いです。

逆に自分に自信を持っている人は、人気者であったり、人を励ましたりできる人であるので、非常に人が寄り付きやすいという特徴がみられます。

自分に自信を持つことにより、その魅力に人が引きつけられてくるわけですが、自分に自信をつけるためには、これだけは負けないという長所を伸ばしてあげることが大事です。

 

自分の意見を言う人

これは日本に限ったことかもしれませんが、自分の意見をはっきり言ってしまう人は、仲間外れにされる傾向があります。

なぜなら、日本では自分の意見を言うというのは、ある意味ではご法度だからです。

むしろ自分の意見を言わず「出ない杭」になることによって、初めて周囲から認められ集団の中の一員として迎えられるのです。

自分の意見をはっきり言うことは素晴らしいことですが、日本のような国では仲間外れの対象にされる可能性があります。

 

自分を客観的に見てみよう

いかがだったでしょうか。

仲間外れにされない為に、または仲間外れにされているあなたは、今一度自分を客観的に見てみましょう。

友達に自分と言う人間が、どのような人間なのかを聞いてみるのもいいですし、自分の性格を一度紙に書き出してみるのもいいでしょう。

そして当サイトでご紹介した10個の特徴のうち、1つでも当てはまっていたのであれば、それがあなたが仲間外れにされてしまった原因なのかもしれません。

もしも当てはまらなかった場合は、相手側に仲間外れにする理由が存在するので、相手の本心を友達づてに聞いてみるといいでしょう。

また、「いじめられる人の特徴」もセットで読んでみましょう。

仲間外れにされる人はいじめられやすい人でもありますから、そんな特徴についても一度チェックしてみましょう。

スポンサードリンク

コメント

    • あかさ
    • 2016年 5月 24日

    >特に精神年齢が低い子供ほど、見た目で相手を判断してしまい、仲間外れにしてしまいがちです。

    なるほど、ジャップランダーはええとしこいても精神年齢が低い子供なんだな。

  1. 仲間外れはやってはいけない事ですね。仲間外れは入れて貰いたい人を仲間に入れない事です。これも仲間外れに発展するかもしれません。
    (例)『あの子とは話さない方がいいよ。』と言う、追い払う、全員が無視する

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP