知ったかぶりをする人の心理的特徴7選

知ったかぶりをしてしまい、大恥をかいてしまった…なんて経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

それもその通りであり、人は誰にも知ったかぶりしやすい瞬間というのが存在し、それは環境によって作られるものと考えられています。

今回の記事では、そんな知ったかぶりをする人の心理的特徴について、7選にまとめてみました。

知ったかぶりをする人の心理的特徴を知ることにより、より相手の考えや人間性が分かってくるでしょう。

自分に自信がない

知ったかぶりをする人というのは、自分に自信がない人によく見られます。

特に多いシチュエーションは、「周りの話題についていきたい」時に、知ったかぶりをしてしまうことがあります。

自分に自信がない人ほど、話題についていけない=仲間外れにされてしまう…というネガティブ思考になりがちであり、輪に入りたいという心理的特徴が働き、知ったかぶりをしてしまうわけです。

特に友達付き合いが下手な人ほど、知ったかぶりをして輪に入ろうという行動パターンが見られやすくなる、とも考えられます。

 

自分を大きく見せたい

「自分はなんでも知っていて、凄い人間なんだ!」

そんな見栄っ張りな人ほど、知ったかぶりをしてしまうことはよくあることです。

このタイプはあなたの周りにも、一人くらいはいるのではないでしょうか。

自分を大きく見せたいがために知ったかぶりをしてしまう人というのは、薄っぺらい知識で自分は物凄く詳しいというそぶりを見せ、必要以上に自分を大きく見せようとします。

ですから非常にプライドが高かったり、虚言癖がついていることもしばしば。

 

強がり

ライバル的な存在や、喧嘩の時に強がってしまい、知ったかぶりをしてしまうということも考えられます。

これは家族や恋人との喧嘩で強がってしまった結果、知ったかぶりをしてしまった経験がある人も多いでしょう。

人は引き下がれないような出来事と遭遇した際に、強がりの心理からよく知ったかぶりをしてしまうものです。

誰にでもあるような失敗なので、そこに対して追求するのではなく、自分もそういったことがあると認めてあげることが、大事となります。

人は認めてほしい時ほど強がり、知ったかしやすい心理になるということを覚えておきましょう。

 

きっかけを作りたい

今後繋がっておきたい人など、この人と今後繋がっていたいという時に、人は知ったかぶりをしてでも話題に共感しようとすることがあります。

これは一目惚れなどでもよくあることであり、知ったかぶりでもいいので話題に共感することにより、とにかくきっかけを作ろうという心理が強く働いています。

ギャンブル性が強いきっかけの作り方ではありますが、この賭けが人生を大きく変えることだってあり得るのです。

 

好意を抱いている

好意を抱いている人に対して距離感や、好感度を上げるためには、話題に共感するということは、恋愛テクニックには欠かせない1項目であります。

人は共感してもらえると親近感がわくという心理的特徴が見られ、その心理テクニックを使っている可能性も考えられます。

ただし、知ったかぶりが相手にばれてしまうと、ただの見栄っ張りか…と誤解されてしまうこともあるので、細心の注意を払って知ったかぶりがばれないようにカバーしておきたいところです。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP