あばずれ女の特徴と意味7選

あばずれ女という言葉を聞いて、あなたはどのようなイメージを抱くでしょうか。

あばずれ女とは、昔では「人擦れして品行が悪く、厚かましい人(女性)のこと。」を言いましたが、今では使う意味合いはガラッと変わってしまいました。

今回の記事では、そんなあばずれ女の特徴と意味について、7選にまとめています。

時と場合によって意味合いは違ってきますので、しっかりと頭に入れておきましょう。

スポンサードリンク

股が軽い女であること

あばずれ女の特徴と意味の1つ目は、股が軽い女、つまりすぐにセックスができそうな女性のことを、人々はあばずれ女と呼びます。

簡単に言い換えればヤリマンと同じ意味でありますが、あばずれ女とヤリマンでは少し意味合いが違ってきます。

現代風に言えば、図々しく股が軽いような女のことを、あばずれ女と呼ぶといえば分かりやすいでしょうか。

ヤリマンの場合は、図々しさがなく、男に都合のいい女の場合に使われることが非常に多いといった特徴があります。

 

利益の為なら体を捧げる

よく芸能界やモデル業界で使われるあばずれ女の意味の1つには、自分の利益の為に体を捧げる女性に対して、使うこともあります。

本来の意味では、品行が悪い女性に対してあばずれ女と呼ぶのですから、行いが正しいことをしていない女性に対して使うことは、間違った意味ではありません。

ですから援助交際をしている女性や、パパがいてお小遣いなどの為に体を平気で捧げるような女性のことを、あばずれ女と呼ぶこともあります。

こういった女性は、損得勘定が非常に強いといった傾向が見られ、過去に強姦などの経験にあった人の割合が高いと言われています。

 

常識がない人

常識がない人に対して、「あいつはあばずれ女だ!」と使う人も中にはいて、これはただ単に常識のない女性を見下したい心理が働き、そしてこのあばずれ女という言葉が出てきていると考えられます。

あばずれ女と呼ぶことによって、相手を侮辱して優越感に浸り、そして自分が偉い・正しいかのように感じたいのです。

ですから、股が緩い等の関係ではないと言われた場合には、こちらの可能性を疑ってみるといいでしょう。

 

平気で人を裏切る

平気で人を裏切る人のことを、裏切り者と呼ぶことが普通ですが、二股や不倫など、愛を裏切った際に使われやすいのは、このあばずれ女という言葉です。

先ほどもお伝えした通り、あばずれ女というのは侮辱的な意味合いが大きいので、裏切った報復として相手に少しでもお返ししてやろうと感情的になった結果、口に出してしまう人も多くいます。

「品行が悪く、厚かましい人のこと」が、本来のあばずれ女の意味であることから、平気で人を裏切る(品行が悪い)、1人で満足しない(厚かましい人)のことをあばずれ女というのは、間違った意味ではないといえるでしょう。

 

男がとにかく大好き

男性がとにかく大好きであり、常に違う男性とデートをしてプレゼントをもらったり、自分の利益にならない男だと分かった瞬間に捨てるような女性に対しても、あばずれ女という言葉をよく使います。

これは男性よりも女性が使うことが多く、嫉妬心などから友達であっても、あばずれ女だと陰口を言ってしまうことが、女性の方が使う比率が多い理由の1つだと考えられます。

また、たくさんの男性からプレゼントをもらうのが当然だと思っている女性に関しては、完全にあばずれ女であると言えます。

 

自分は特別だと感じている

自分は特別だと感じている女性というのは、先ほどお伝えした、たくさんのプレゼントをもらう女性に当てはまる確率が高いですが、こういった女性は自分は特別だと感じていることから、図々しい考え方をしがちです。

ですから、「私にプレゼントをくれないのに、違う女にあげるなんて!!」と嫉妬したり、「お前ごときがデートに誘ったんだから、金は出させるな!」などといった、非常に図々しい考え方をしがちです。

こういった自分は特別だと感じている女性が、「人擦れして品行が悪く、厚かましい人」である確率が高いということは、言うまでもありません。

 

侮辱的な意味である

いかがだったでしょうか。

あばずれ女の意味を一言で表すと、侮辱的な意味であります。

ですから冗談交じりで口にしたり、イラッとしたからといって口に出していいような言葉ではありません。

あばずれ女という言葉は、意味を知っている人からすれば非常にショックを受けますので、どんな時でも心でとどめておいた方がいいでしょう。

また、「攻撃的な人の心理的特徴7選」もセットで読んでみましょう。

あばずれ女という言葉を使う人は、冗談交じりを抜けば非常に攻撃的な人といえます。

そんな攻撃的な人の心理も知ることにより、屈辱的な言葉を平気で言える人の気持ちが見えてくるかも知れません。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP