ニートでネトウヨになりやすい人の特徴7つ

ネトウヨには、「低学歴」や「ニート」が多いという噂が絶えず、さらには非リア充な奴が多いなんてことを指摘する人までいます。

確かにニートからネトウヨになる人も多く存在し、後々にご紹介しているリアルな声を参考にしてもらえると、その理由が分かるでしょう。

今回の記事では、そんなニートでネトウヨになりやすい人の特徴7つについて、お伝えしていきます。

ここから、なぜニートほどネトウヨになってしまうのか?理由が判明するはずです。

差別主義者・憎悪主義者

これはニートに限らず、ネトウヨの定義ともいえますし、一番分かりやすいネトウヨの特徴とも言えるでしょう。

差別的発言や憎悪発言をする人というのが、ネトウヨの本来の意味ですが、このような考え方を持っている人は、非常に周りからは共感されにくい発言が多くなってしまいます。

もちろんそんな発言を人に対して言ってしまえば、好感度ダウンの原因になりかねないということは、多くの人が分かっていますので、結果的に顔の見えないネットの世界で自分の価値観を述べることにより、素の自分を出しているのです。

 

嫉妬心からくる僻み

「男の価値は仕事で決まる!」なんてことを言う人がいますが、確かに稼ぎが多ければ多いほど、その人は周りから必要以上に価値が高い人と見られる傾向が強くなります。

ですから無駄にプライドが高かったり、常に周りと比べる人ほど、嫉妬心からくる僻みを抑えきれません。

その僻みをネトウヨという形で解消することにより、多くのニートネトウヨがストレスを解消している、というニートネトウヨの心理的特徴がみられます。

だからこそ、ネトウヨはひねくれた考え方をしていると感じる人が多いのです。

 

自己顕示欲が強い人

自己顕示欲が強ければ強いほど、「周りに認めてほしい」という心理が強く働き、そしてその欲求を満たすために様々な行動に出ます。

その欲求を満たすための行動の1つが、ネットに書き込みをするという形で現れ、そして過剰な書き込みが多くなり、やがてネトウヨとして書き込みをたくさんするようになります。

基本的に自己顕示欲が強い人ほど、自分の考えをとにかく相手に伝えるわけですが、その考え方が共感されずに反撃をくらってしまえば、そのストレスをネットを通じて解消することにより、このような形で、ニートの人々は心のうやむやを晴らしているという考え方ができます。(もちろん、ニートに限った事ではありませんが…)

 

友達がいない人

友達がいない人というのは、会話相手を見つけることすら苦労し、そして何より遊ぶ友達がいないので結果的にネットで暇をつぶす、という傾向が非常に高いです。

さらにニートで友達がいないとなれば、自己顕示欲を満たすことができないので、結果的にネットにて自分の存在を示そうとする人の心理パターンがみられます。

ですが、自分の存在を示したところで注目されないこと事も多く、結果的にネトウヨになることで相手をしてくれる人が多くなり、ネトウヨがやめられなくなってしまうというわけです。

 

心に余裕がない人

ニートなので心に余裕がない人は多いのは言うまでもありませんが、ニートほどネトウヨになりやすい理由の1つが、ここに隠されています。

よく「お金持ちほど心に余裕があり、魅力的に見える」と答える人がいますが、お金と心の余裕さというのは、必ず結びつきます。

さらに心に余裕がない人ほど、「怒りっぽくなる」という行動パターンがみられ、ネットに書き込みをして反論されると、相手の言葉を封じるためにネトウヨ的な発言をしてしまう事が多くなってしまうのです。

 

ストレスの溜まりやすい環境下

ストレスの溜まりやすい環境下にいる人ほど、そのストレスを必ずどこかで解消するわけですが、お金のないニートはネットでそのストレスを解消しようとします。

ですから、「親が毎日うるさい」、「毎日嫌味を言われる」、「介護疲れが…」という人ほど、ネットでそのストレスを解消し、他人に大きなストレスを与えることに、優越感を感じていたりもします。

ページ:

1

2

コメント

    • 芳乃
    • 2016年 9月 24日

    普通の人間がネットで酷いコメントをしてる現実をニートとか言って矮小化するの全然良くないからやめた方がいいと思う。Facebookとかの同じようなやつ見てもらえば分かると思うけど…。話に全然正当でない、相手の社会的、社内的な立場を下に見てとりあえず上から酷い事言ってる人達はただの酷い社会人だから

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP