ナイロン素材の特徴や劣化などの欠点

欠点をよく理解したうえでその対策をすることが大切です。

 

取扱いには注意しましょう

直射日光に当たると黄ばむ事があるので、変色や黄ばみを防ぐ場合は保管場所などもポイントになります。

また静電気を帯びやすいので、ナイロン製のシートやカバーは扱いに注意してください。

吸湿性はないので、汗をかく季節にナイロン製のウィンドパーカーを着ていると、大量の汗をかいてしまいます。

ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP