子供を産んで後悔する人の特徴9選

子育てというのは多くの人が思い浮かべるよりもはるかに厳しく、そして子供のために自分の時間をたくさん犠牲にしなければなりません。

子供というのは目に入れてもいたくないや、一生の宝物という人もいる一方で、少数ではありますが子供を産んで後悔していると、自分の選択肢に対して後悔の気持ちを抱いている人も存在します。

今回の記事では、そんな子供を産んで後悔している人に共通する、9の気持ちや心理状況についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

自由が奪われる

子供を育てていくということは、自分が楽をしたい気持ちや遊びたい気持ちをグッと抑えて、子供に対して多くの時間を費やさなければなりません。

これは非常に自分勝手は言い分というとらえ方もできますが、子供を産んで後悔する人の中には、自分の自由が奪われることが理由であったり、遊ぶ時間がもっと欲しいから子供を産まなければよかった、と思う人もいて、こういった人は結婚に向いていないタイプとも言えるでしょう。

当然ながら、子供も授かったということは責任が応じますので、上手く時間のやりとりをしたり、夫婦で力を合わせて自分の自由な時間を少しでも多くとれるようにする、といった工夫をする必要があります。

 

想像よりも育児が大変

想像よりも育児が大変であり、どちらか一方が育児に対して協力的でなかった場合は、1人で子育てをしていかなければなりませんから、ストレスや疲労はかなり溜まってしまいます。

また、双子などの想像外の子育てとなってしまった場合は、単純に子育てに対するストレスや疲労は倍近くなってしまいますので、こんなに辛いのであれば子供を産まなければよかったという心理にさせてしまうわけです。

その証拠に、子育てノイローゼや子育てうつなどといった言葉が存在し、子供を育てていくということは、それだけ体力的にも精神的にも疲労しきってしまうのです。

 

パートナーが愛してくれない

子供を育てていく為に必要となることは、夫婦での愛情であり、どちらかのパートナーが子供を愛してくれなかった場合は、子供を産んで後悔してしまうことは、あなたにも想像がつくはずです。

例えば旦那が子供のことを愛してくれないのであれば、旦那は子供に対して冷たい態度や八つ当たりなどもするでしょうし、何より子供に対しての考え方や接し方の意見の違いで、口論になってしまうことも多いです。

また、パートナーのみではなく両親が愛せないといったケースも存在しますが、こちらの場合は育児放棄やDVに走る人が多くなるといった特徴がみられます。

 

達成感を感じれない

何事にも達成感というのは大事であり、例えばダイエットをする人というのも痩せれたという達成感を感じれるからこそ、頑張ってよかったという気持ちになれるものです。

これは子供を育てていくことと同じであり、子供を産んで後悔してしまう人というのは、子供が成長していくことに達成感を感じれていないのかもしれません。

この達成感を感じれなくなってしまえば、子供のために動くことがめんどくさく感じてしまったり、子供がいること自体が鬱陶しく感じてしまうなどの特徴的な心理が働きやすくなりますので、自分がここ半年以内で子供の成長にどう達成感を感じれているのか?という分部を一度考えてみるといいでしょう。

 

子供に障害がある

結婚の晩婚化などが原因で、子供が障害を持って生まれてくることも多くなってきており、あなたも障害を持った子供に対して愛せないや、後悔しているといった心理状況に陥っているのかもしれません。

子供に障害がある場合は、周りの子供に比べて劣る部分も見られるでしょうし、何より子育てが大変だといった声が圧倒的に多く聞かれます。

障害を持った子供を授かったことがない人には分からない、様々な苦痛や風評などが原因で、子供を産んで後悔してしまう人も世の中には存在するのです。

 

離婚に踏み出せない

子は宝などといいますが、時として子供は邪魔者として扱われてしまうこともあります。

その代表例が、子供は離婚の妨げになるといったことであり、子供の人権を裁判で争うイメージは誰にでも簡単にわくでしょう。

また、女性の場合は経済的理由で離婚してしまえば、子供を養っていける自信がないという分部から、離婚を踏みとどまってしまうこともよくあることです。

 

子供が言うことを聞かない

子供が言うことを聞かないことに対して、ストレスを感じている親の割合は非常に高く、また時には嫌悪感を抱いてしまうこともあります。

特にうつ病などの被害妄想が激しい人というのは、子供に嫌悪感を抱いてしまった結果、私を苦しめるためにわざと言うことを無視するんだ、などの妄想を抱いてしまうので、結果的に育児放棄に繋がってきます。

子供が言うことを聞かないのは、何らかの原因があるのか、あなた自身が子供の性格を分かっていないだけかもしれませんので、子供の心理本を買ってみるなど、とにかく子供の気持ちを理解できるように勉強することが必要となるでしょう。

 

失敗を責任転嫁される

例えば、「子供が俺の言うことを聞かないのは、お前のしつけが悪いからだ!」や、「子供が勉強ができないなんて、お前どんな教育してるんだよ?」など、子供に対しての失敗などの原因を、全てパートナーに責任転嫁されてしまった時に、一部の人は「子供を産んでしまったせいで、自分はこんな思いをしなければいけない」という間違った思い込みを抱いてしまいます。

このケースですと、本来の原因はパートナーの責任転嫁であるのに、何の罪もない子供が悪いと思い込んでしまっては、子供が家にいて窮屈な思いをさせられてしまうだけです。

こういった責任転嫁されてしまうケースでは、モラハラタイプのパートナーの可能性がありますので、DVなどにも繋がっていかない為にも、事前に対策を練る必要があります。

 

姑・舅の過干渉など

子育てに関する姑や舅の過干渉などが原因で、子供を産まなければよかったと後悔してしまうこともあり、子育てに関して粗探しをすることが、夫婦のどちらかに対しての嫌がらせ目的で行われていたケースも存在します。

自分たちだけの快適な空間で子供を育てていくはずが、クレーマーかのように文句ばかりをつけられていては、姑や舅の話題が出ただけでもストレスを感じてしまう体質になってしまうことも、しばしばみられます。

 

気分転換が大事です

いかがだったでしょうか。

子供を産んで後悔してしまったあなたは、産んで後悔する原因に対しての対処も大事ではありますが、気分転換も大事となります。

原因を無くそうと頑張ってみて、どうしても解決できないといった壁にぶつかると、さらに子育てに関してストレスや嫌悪感を抱いてしまうこともありますので、無理に頑張り過ぎずに、定期的な気分転換をおこなう工夫をしてみましょう。

気分転換の際には、常識の範囲内でお金も時間も気にせずに投資をして、モチベーション維持を心がけてみてください。

また、「子供を捨てたいと思う人の心理的特徴10選」もセットで読んでみましょう。

子供を産んで後悔する人の中には、捨てたいと思ってしまった人もいるかと思いますが、そんな人の心理状況というのも知ってみませんか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP