小心者の特徴と克服方法10選

小心者であると言われる人には、一定の特徴がみられ、多くの人がこういった特徴に当てはまる小心者に対して、臆病で弱い人間だなという感情を抱きがちです。

小心者であることは、何も悪いことばかりではありませんが、小心者を克服したいと心の中で思っている人は案外多いものです。

今回の記事では、そんな小心者の特徴をまずはお伝えしていき、あなたが小心者であるかどうかを確かめてから、克服方法をお伝えしていきます。

心に余裕がない

小心者は臆病であるがゆえに、心に余裕がなく、自分がなめられないようにと初対面では特に、気を張るような言動をしがちです。

ですから想定外のことが起こると、臆病者だと思われてしまうような行動をとってしまったり、おどおどとして落ち着きのない仕草をとりがちであり、こういった人間性が出る場面で、小心者だと相手にばれてしまうこともしばしば。

常に心に余裕のあるように、いろんなことを想定できればいいですが、小心者は自分のことに精一杯なために、心に余裕を持つことができません。

 

虚勢を張る

この虚勢を張るとは、見栄っ張りという言い方もできますが、とにかく小心者は自分の弱い部分を隠して威勢のあるふりをしがちです。

結果的に、小心者ほど嘘つきであったり、意味の分からないことで相手と競ったりもしますが、こういった細かな言動の数々がよりあなたが小さな人間だという評価をさせてしまう、原因を作りかねません。

虚勢を張ることも時には必要ですが、必要以上に虚勢を張り続けたところで、あなた自身の評価が落ちてしまうだけだということを理解しなければなりません。

 

コンプレックスを抱いている

小心者ほど自分にコンプレックスを抱いていることが多く、例えば身長が小さいや収入が少ないなど、自分が周りより劣っている部分に大きな劣等感を感じ、そしてそれをカバーするために小心者と思われてしまうような、言動に出がちです。

コンプレックスを克服する方法はたくさん存在しますが、やはりまずは自分の長所を伸ばしていくのがいいでしょう。

長所を伸ばしていくことによって、それは誰にも負けないと思える長所となり、自信となりますから、コンプレックスを克服するには長所を伸ばしていくことをおすすめします。

 

批判が多い

小心者ほど批判が多く、相手を褒めることを苦手とします。

なぜなら小心者は先ほどもお伝えしましたが、自分に劣等感を抱いているケースが非常に多いので、相手を認めてしまえば自分がさらに劣ってしまうのでないかという心理が働き、相手を批判するという選択肢をとってしまうからです。

さらに小心者の特徴としては、気に入らないライバル視する人が多いといった特徴も見られ、とにかく自分と同レベルくらいだと感じた人に対しては、強いライバル視をしてしまうといった傾向もみられます。

 

感情的になる

気が小さい人によく見られる感情的になるという表現は、小心者の特徴にも当てはまります。

気が小さいからこそ、我慢に我慢を積み重ねたり、自分を大きく見せるために、感情的に自分の気持ちを伝えてしまいがちです。

ですから小心者ほど、感情的になってしまい、恋人を傷つけて破局してしまうことが多く見られるということになります。

 

周りの評価を気にする

小心者ほど周りの評価に敏感であり、とにかく自分の評判や馬鹿にされていないかといった部分を気にしがちです。

ですから小心者ほど、無難なファッションをしがちであり、また意見なども周りに流されてしまうことが多くなります。

周りの評価を気にするあまり、自分という人間を偽ってみせてしまっては、それは自分の長所を消すということにも繋がりますので、結果的に魅力的と感じない人の特徴に当てはまってしまうことが多くなります。

 

他人に依存してしまう

小心者ほど恋人や友達、親に依存しがちであり、一人で生きていける自信がありません。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP