年収600万の生活レベルと税金面での特徴5つ

一般サラリーマンの現実的な目標が、年収600万と答える人は多く、これは実際に出世すれば稼ぐことができる年収であるからだ、ということが理由であると考えられています。

そんな年収600万を手取りに換算すると450万~480万程度(個人差があります)の年収となることが多く、贅沢な生活が可能なレベルなのかどうかを、知りたいという人も多いでしょう。

そこで今回の記事では、年収600万の生活レベルと税金面での特徴に関して、細かくお伝えしていこうと思います。

年収600万に期待できる生活とは?

獲得年収が600万以上の世帯ですと、平均以上の暮らしは可能です。

このくらいの年収ですと、ボーナス抜きの月の収入は26万ほどであり(個人差があります)、対する支出は、サラリーマンと専業主婦に子供1人の3人世帯で想定すると、生活費内訳は以下の通りとなります。

居住費7.5万
食費5万
水道光熱費2.5万
通信費2万
保険料2万
被服費および理美容費2万
レジャー費1.5万
教育費1.5万
支出合計24万

ただし、車を所有する世帯ですと、駐車料金や税金、ガソリン代などの支払いにより、毎月の収支が赤字に転落する可能性があります。

毎月の収入が26万のところを24万の支出で済ませられれば、ボーナス抜きで、毎月2万の貯金が可能でしょう。

もちろんこちらはシュミレーションでありますから、節約次第では、もっと多くの貯金をすることも可能です。

 

1年で7桁の貯金は可能か?

年収600万ですと、毎年のボーナスは100万を下回ることは考えずらいです。

例えば先ほどお伝えした毎月26万円の収入において、家計が赤字にさえならなければ、支給されたボーナスを全て貯金することで、年間7桁の貯金目標を達成することは可能です。

つまり年収600万の生活レベルは、工夫次第では10年間で、1000万円の貯金も可能となります。

また、一人暮らしである場合は、最低でも年100万程度の貯金はしておきたいところです。(浪費癖がつかない為にも)

 

税金面での特徴とは?

年収600万の税金面での特徴といえば、やはり手取り額が多くなることです。

なぜなら、平成28年度現在の税率を見てみると、【330万円を超え695万円以下】の場合の税率は【20%】であり、控除額は【427,500円】であるからです。

つまり年収600万の場合、税金が20%ギリギリのラインでありますので、手取り額も少し多めといった特徴がみられます。

 

ローンの目安

年収600万でのローンの上限ですが、基本的にローンは年収の5倍が上限であるとされています。

つまり、年収600万の場合は、最高で3000万円近くのお金を借りることが可能であるといえるでしょう。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP