癖が強い!癖のある人の特徴5つとは?

「あの人、癖があるよね?」なんてことをふと言われると、あなたはどのような性格をイメージするでしょうか?

癖のある=悪いイメージを持つ人もいるかもしれませんが、癖というのは良い意味で使われることも多々ありますので、一瞬で見分けることができる特徴と、メリットデメリットについて触れていきます。

スポンサードリンク

変わり者と言われる人

変わり者ほど、癖がある人や癖が強い人が多い理由としては、「変わり者=個性が目立つ」という共通点が見られる部分にあります。

例えば、「人と仲良くするよりも、動物と仲良くした方が人生楽しい」という考え方の人がいたとして、人との関わりを全く大事にしない人だったとしましょう。

上記のようなケースでは、「あの人は変わり者だから、付き合いにくいかもしれない」と発言するよりも、「あの人は癖がある人だから、付き合いにくいかもしれない」と発言することで、より【独特感がある】ということを強調することができます。

一癖も二癖もあるという言葉を聞くと、どこか付き合いづらそうだなぁ…というイメージを作り出すことができたり、他にも、ただの変わり者とは違うということを強調したい時などにも、癖がある人と表現することで、違いを強調できるだけに、変わり者は癖がある人の特徴であると言えるのです。

 

扱いにくい一面を持つ人

扱いにくい一面とは、「偏見が強く、イメージだけで相手の人格を決めつける人」や、「人付き合いを良好に保つ気がない人」などが代表例であります。

例えば、普段は誰にでもニコニコと笑顔で話しているのに、子連れの人には急に冷たい態度をとる友達がいたとしましょう。

そしてその子連れの友達はあなたの友達であり、あなたはどちらの友達も仲良くしていきたいとします。

こうしたケースでは、癖があるという表現を表現をすることによって、「扱いにくい」という本音を表すことができます。

他にも、「本当は友達と仲良くしたいのに、強がって一匹狼を演じている」という本音を隠している人なども、自分に正直になってみると、癖のある一面が見えてきます。

上記のような理由から、自分って扱いにくい性格だろうなぁ…とか、あの人はあの一面がなければなぁ…という人ほど、癖がある人の特徴に当てはまりやすいということになります。

 

癖のある顔の人

癖のある顔の人というのは、一目見ると脳裏から離れないようなインパクトのある顔の人や、一つの部分だけ以上に目立つなどの顔立ちの人のことであり、こちらは芸能人を例に挙げると分かりやすいでしょう。

例えば、綾野剛さんやムロツヨシさんは癖のある顔でありますし、バナナマンの日村さんやアインシュタイン稲田さんなども、非常に癖のある顔であります。

これは、独特の良さや悪さを、癖のある顔という表現方法を使って表現しているためであり、癖があるという表現を使うことで、特に悪い意味で扱う場合は、相手に与えるダメージを減らすこともできます。

癖が病みつきになるというケースで使われるのであれば、それは褒め言葉として受け取るといいでしょう。

 

強烈な個性を持つ人

強烈な個性を持つ人に対して、「いや、癖が強い!」とツッコミを入れるのは、芸人の千鳥ノブさんでありますが、強烈な個性を持つ人というのは、芸能人の三戸なつめさんや、バナナマン日村さんを例に挙げると分かりやすいです。

どちらも共通していることは、髪型であり、一度目にすると忘れられないようなインパクトがあるため、芸能人の多くはキャラを売りにし、そして覚えてもらうために強烈な個性を探しています。

他にも、よくテレビで紹介される、トラ柄の服を着たド派手な大阪のおばちゃんなども同じく、癖がある人と言えます。

個性は自分を魅力的に見せる方法の1つでありますが、強烈な個性を生み出せた時、人は癖が強いという褒め言葉で、相手を評価することがあることからも、強烈な個性は癖がある人の特徴であると言えるのです。

 

好き嫌いが分かれる一面を持つ人

癖が強い食べ物というのは、好き嫌いがはっきりと分かれる傾向が強く見られますが、これは人に対しても同じことが言えます。

他人にはない独特な雰囲気を醸し出している人に対して、好き嫌いがはっきりと分かれてしまうのもこのためであり、芸能人では沢尻エリカさんの昔のキャラや、マツコデラックスさんなどを挙げると分かりやすいです。

性格で言えば、裏表がなくハキハキと物事を言う人や、偽善者なども単純な人からは好かれやすいので、こうした性格の人ほど癖がある人と思われる確率も高くなると言えるかもしれません。

 

捉え方次第で大きな魅力

いかがだったでしょうか。

癖というのは、本人しか醸し出すことができない魅力なのかもしれません。

当然扱いにくい一面である場合は、逆の意味となりますが、個性という部分で癖があると評価されているのであれば、考え方一つで、あなたにしかない魅力であるという捉え方もできます。

他人と同じではなく、特別な自分でありたいという気持ちが強いのであれば、その個性をどんどんと磨き、他人には真似できない魅力を生み出すことに専念するという選択肢も、悪くはないはずです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP