3歳児自閉症の特徴と見分け方

自閉症は病気だと勘違いしている方も多いかと思いますが、自閉症は発達障害です。

一生向き合って生きていかなければいけない障害であり、同じ自閉症でも軽度と重度の症状があるため、見分け方は困難を極めます。

今回はそんな自閉症に関して、特徴と見分け方を分かりやすくご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

自閉症の典型的な特徴

他人とコミュニケーションを取るのが難しいのが自閉症の特徴の1つです。

正確に言い換えるなら、3歳児自閉症は病気ではなく障害という部類に入ります。

病気ではないので治療しても完治ということはなく、良い状態をキープしたまま、ということが考えられます。

 

年齢別に現れる症状の違い

3歳児自閉症は年齢によって症状の現れ方が異なる病気として有名です。

もし新生児の赤ちゃんで、お腹もすいていない、睡眠も取れている、健康で元気、便秘もしていない、という状態で、泣いていてママが抱っこしてもなかなか泣き止まない場合は小児科に一度見てもらうことがオススメです。

もちろんこのような特徴を持った子供もいますから、一概に自閉症とは決め付けられませんが、赤ちゃんは産まれた時からママに抱っこされると安心するという学習能力がありますから、それを拒否するということは他人を拒否しているということにもなります。

 

1歳半はコミュニケーションが取れない

1歳半になる頃には、ハイハイやお友達とも交流が深まる時期になりますが、この頃の自閉症の特徴としてまず友達に全く関心を示さないというものがあります。

おもちゃなどで一人で遊んでいるケースが多く、他の友達がおもちゃを横取りなどすると激昂するタイプになります。

どうして一人で遊ぶのかを見極めることが大切なんですね。

 

診断は3歳から始まる

3歳児自閉症の診断は3歳から行われることが多いようですね。

発育スピードは子供によって個人差がかなりありますから、3歳までは正確な判断ができないという点があります。

この場合、未発達だったり、逆に早かったり、発育に凸凹があるのが当たり前だったりします。

3歳になると落ち着いて、周りの皆と同じ成長になりますから、特長や見分け方が解ってきます。

 

3歳児自閉症3つの診断

3歳児自閉症だと診断されるには3つの特徴・見分け方が当てはまっていることが必須です。

まず、多動。

親が一旦目を離すと、どこかに行ってしまったり、手を離すとどこかへそのまま飛んでいくなど、落ち着きがない子供を言います。注意欠陥障害とも呼ばれています。

また音、ニオイや味覚、手触りや痛みなど感覚の受け止め方が違うという特徴があります。

入ってきた感覚を脳が正しく認識できないので、妙な反応を起こしたり、壁に頭をたたきつけたりする行動を起こします。

さらに睡眠障害があげられます。

睡眠のリズムがいつまでも生まれた時と変わらず、3歳になっても2時間ごとに目覚めたり、夜泣きをしたりするケース。

などがあります。

 

3歳児自閉症の発症率が増加傾向に

3歳児自閉症の発症率ですが実は以前より増えているという傾向があるようです。

100人に1人程度が現段階での発症率と言われており、かなり高い水準であることが分かりますね。

ですから自閉症の子供がクラスにいても別段おかしなことはありません。

また自閉症は障害ですから、皆の理解によって障害を理解することで彼らは過ごしやすくなります。

嫌なものは嫌、できることはする、という自閉症の特有の特徴を皆が理解することによって自閉症は正しく生きていけるようになっています。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP