スポンサードリンク
頼る

頼る人の心理的特徴6選

あなたも人生で一度くらいは他人に頼ったことがあるでしょうが、頼るといっても、これは時と場合によって心理的意味は違ってきます。

例えば、好きな人にのみ頼る場合と、何でも他人に頼る人では、全く心理的意味は違い、相手の考えも異なるというわけです。

当サイトでは、頼られることで利用されているかもしれないと感じる人や、頼ってくる異性の心理が知りたい人など、様々なニーズに合わせた心理パターンを6つに分けてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

助け合いは本能

まず知っておいてほしい情報が1つあり、人間というのは親和欲求という欲求が強い生き物であり、この親和欲求とは、「他人と仲良くなりたい」という欲求のことを言います。

故に、人間は誰でも他人に頼ってしまうことがあり、他人に頼り、また自らも他人を助けることが必要であるということを知っているのです。

人間というのは皆さんもご存知の通り、昔は集団で固まって生活をしてきましたが、これは自分たちが生き残るための手段であり、私たちの祖先は実際にこうして生き残ってきたのです。

そして集団で暮らす中で、頼ったり、頼られたりすることで、生き延びていくという選択をしてきました。

つまり、頼る人の心理的特徴の1つは本能であり、自分の窮地になれば他人に頼ってしまうのは、いわば自分が生き残るための本能なのです。

 

近づきたい

先ほど、他人と仲良くなりたいために頼ることもある、ということをお伝えしましたが、恋愛時に好きな人に頼ってしまうのは、「距離感を縮めたい」、「親しくなりたい」という本音が隠れています。

故に、もしもあなたが異性から頼られているのであれば、それは異性の脈ありのサインであり、「もっと親しくなりたい」という心理の表れであると考えることができます。

最もこの場合、あなたにしかできないことを頼まれた時には、選択肢がそこしかないということになりますので、必ずしも脈ありのサインであるとは言い切れません。

誰でも出来るような頼み事を、あなたにお願いしてきたのであれば、近づきたいという本音が隠れているのかもしれません。

 

ダメな自分を認めてほしい

自尊感情が低い人というのは、自分に自信がない、マイナス思考、優柔不断、チャレンジ精神にかける、人間関係を避ける、などの特徴が見らます。

この自尊感情が低い人というのは、自分に自信がないがゆえに、褒められることよりも「ダメな自分を認めてほしい」という欲求が強く、また実際にほとんどの人が、ダメな自分を他人に認めてもらおうと行動にでます。

その行動こそが、「頼る」ということであり、なんでも他人に頼るタイプの人もこれに多く、ダメな自分を他人に認めてもらえれば、自分が変わる必要がなくなり、生きることがグッと楽に感じれるのです。

一方で、なんでも他人に頼るタイプの人というのは、常に周りが助けてくれる環境が出来上がってしまっているので、非常にその環境に依存しやすくなってしまいます。

つまり、他人依存症である人が非常に多く、この悪循環から抜け出せない人は、いつまでも甘い蜜を吸い続けてしまうのです。

 

めんどくさい

また自尊感情に関係なく、やりたくないとか、めんどくさいという理由で他人に押し付けてしまう人がいますが、これはただ利用しているだけであるという考え方もできます。

世の中には完璧な人間など存在しませんので、誰でもめんどくさいと思うこともありますし、やりたくないという気持ちの日もあるでしょう。

最初にもお伝えした通り、人間は本望で助け合いが必要だということが分かっているので、自分の心が弱っている時には、こうして他人に押し付けて逃げる心理が働いてしまうこともあります。

普段頼ることは一切しない責任感が強い人が、珍しく頼ってきたときには、相手の心理状況は何らかの変化があり、心が弱っているサインなのかもしれません。

 

甘えている

相手に甘えたいと思った時に、頼るという方法で、自分の気持ちを伝えようとする人がいますが、これは不器用であると言われる人によく見られる傾向であります。

甘え方が分からない人や、甘え下手な人というのは、恋人に頼ることで甘えようとすることがありますが、異性の心が分からない人というのは、この意図をくみ取ることができません。

もしもあなたの恋人が急に頼ってきたのであれば、それは甘えたいサインである可能性も考えられ、こんな時には相手の欲求をしっかりと受け止めてあげると、満足してくれるはずです。

 

利用する人間である

他人を利用する人間というのは、人を見て判断しますが、こいつは利用できる価値があると判断すれば、その人の性格を逆手にとって、都合のいいように利用しようとする人は世の中にたくさんいます。

あなたばかりがめんどくさい仕事を押し付けられている場合、それは完全に都合のいい相手であると思われており、利用されているだけなのです。

ですから頼るというよりも、利用しているという表現の方が、この場合はしっくりくるでしょう。

また、最初はそんなつもりではなかった場合であっても、無意識のうちに利用する立場であると相手に認識されていることもありますので、いい人だから助けてしまうといったことが、後々あなたを苦しめる結果に結びつくことも十分に考えられるのです。

 

こんなパターンは回避しろ!

ここまでは頼る人の心理的特徴をお伝えしてきましたが、もしもあなたがいつも面倒を押し付けられているのであれば、それは相手が意識的、または無意識のうちに利用する立場であると、認識しているのかもしれません。

いつも頼ってくる人に対しては、甘やかすとどんどん依存され、結果的にあなた自身が辛い立場に陥ってしまうことも考えられます。

ですからお人好しではなく、自分を助ける意味でも、相手を助ける意味でも、ダメな時にはしっかりとNOを突きつける勇気が必要となります。

これは友達や仕事仲間だけに限らず、恋人同士や夫婦同士にも言えることでありますから、関係をダメにしてしまわない為にも、しっかりとNOを突きつける勇気を持ちましょう。

 

助け合いはとっても大事

いかがだったでしょうか。

あなたが生きていくうえで、人との繋がりが大事であることは当然のこと、それを構築するのは助け合いであるともいえます。

ですから間違っても、どちらか極端に一方的な立場にならないように、助けてもらった恩がある場合は、きちんとその恩を返すことを心がけた方が、あなた自身の評価や今度の人間関係を考えても、メリットは多いといえます。

どちらかに極端に偏ってしまうのは、やはり人間関係を壊してしまう原因となってしまうことが多いので、程よい割合を心がけ、自分一人で解決できないときには、しっかりと他人に頼ってみることが大事です。

また、「批判的な人の心理的特徴と対処法10選」もセットで読んでみましょう。

2chのコメント欄などを覗いてみると、批判的なコメントをよく目にしますが、そんな批判的な態度をとる人の心理というのも知ってみませんか?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP