ロングスリーパーの性格と特徴

他人に理解されにくいので、だらけている人と評価されてしまうこともしばしばあるようです。

 

ロングスリーパーで有名なのはアインシュタイン

アインシュタインといえば、相対性理論が有名ですが、彼は一日の睡眠平均時間が10時間だったと言われています。

他にも歴史に残る有名な人で、ロングスリーパーの人はたくさんいます。

何が言いたいかといいますと、自分の体質に合った睡眠をとるのが一番ということです。

先ほどロングスリーパーにメリットはないと言いましたが、逆に無理に睡眠時間を短くしてしまうと、たくさんのデメリットがうまれるでしょう。

ですから、無理に睡眠時間を削る必要はないのです。

自分に合った睡眠時間が一番脳も働きますし、一日を精力的に活動できるという人は多いのではないでしょうか。

 

ロングスリーパーの解消法は?

大きなショックを受けた当日は、誰でも眠れない経験をしたことがあるでしょう。

それをロングスリーパーの人は毎日続けているようなものなので、いきなりショートに入ろうとしても無理な話です。

普段から脳をリラックスできる状態を作っておくと、自然と長時間の眠りから解放されるときがやってきます。

無理矢理短くしようとすると逆に脳にストレスがかかりますから、余計眠り込んでしまいます。

自分が10時間前後寝てようやく1日がもつ、という人は、ロングスリーパーの可能性が高いですから、まずは周囲のストレスをひとつずつ解決していったほうが良いでしょう。

ページ:
1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP