物知りになるには?方法と知識自慢がダメな理由8選を伝授!

広く物事を知るためには、様々な経験とチャレンジが必要となります。

 

疑問を持つ

なぜだろう?という疑問が知識へと変わることは珍しいことではなく、今ではスマホ等ですぐに検索することもできるので、たくさんの疑問を持つことによって、物知りにへと近づくことは可能です。

例えば、芸能人で可愛いと思った人物がいたのであれば、すぐに検索して名前や経歴を調べるだけでも、新たな情報を手に入れることができますし、マジックのネタが気になるのであれば、マジックを検索してみることで、タネが分かるかも知れません。

このように、何気ない日用生活において、様々な疑問を持つことは、知識へと変わることが多いです。

故に、疑問を抱いたのであれば、しっかりと自分が理解できるまで勉強してみることで、より質の高い知識を手に入れることができるのです。

 

ニュースを見る/読む

一日一回でいいので、ニュースを目にしたり、新聞を読むことを心がけましょう。

物知りになるためには、様々なジャンルの知識を知る必要があり、そのためには新たな情報を常に頭に入れておくことが有効となります。

情報は生ものという言葉があるほど、情報というのは日々変化し、新たな情報が世界を駆け巡っているのです。

そんな最新の情報を常にチェックしておくだけでも、様々な情報を知る機会になりますし、そこから興味があることを見つけることにも繋がるのです。

ヤフーニュースやlineニュース、または雑学系の2chまとめ系のサイトでもいいので、一日一回は、新たな情報を知るということを心がけてみましょう。

スポーツが好きなのであれば、好きなスポーツのニュースを毎日チェックすることから始めてみると、面白さが分かり続く秘訣となるかもしれません。

 

インプット/アウトプット

物知りになるためには、このインプットアウトプットが非常に大事となりますので、必ずこれだけでも覚えて帰ってください。

インプットとは、「経験したり、知識を得る」ことを指し、仕事などに必要な知識を吸収するのが、インプットとなります。

一方でアウトプットとは、「情報を外に出すこと」またはビシネスにおいては、「成果・実績」に大きく繋がってきます。

インプットとアウトプットというのは物知りになるためには非常に大事であり、どちらかと言えば、アウトプットを大事にしてください。

当然インプットすることが少なければ、アウトプットできない状態であるので、インプットをしている前提での話ですが、知識として財産にするためには、アウトプットでしっかりと覚えておくことが重要です。

一日で忘れてしまう知識であれば、物知りに近づくことはできず、やはり物知りと呼ばれるためには、どんな時でも説明できるような情報を覚えておく必要があるのです。

故に、インプットしたことはアウトプット(入力や他人に説明する)をして、記憶を定着させるといいでしょう。

 

要注意!知識自慢はダメ?

要注意

物知り=モテるや魅力的であると思っている方もいるかと思いますが、知識自慢というのは、はっきり言ってウザがられる原因でもあります。

他人が困っている時に助ける知識であれば、魅力的に感じるかもしれませんが、知識の押し売りというのは、ありがた迷惑である部分も大きいのです。

そんな知識自慢してしまう人の特徴としては、「自分に自信がない人」や「自己顕示欲が強い人」に多く見られる傾向にあり、これは賞賛獲得欲求という心理が深く関係しています。

つまり知識自慢をする回数が多い人ほど、実は自分に大きなコンプレックスを抱えていたり、自分の存在をアピールしたい欲求が強いという本音が隠れているのです。

もしかすると、あなたも自分の自信のなさを隠す為や、自己顕示欲を満たすために、物知りになりたいと思っているのかもしれません。

くれぐれも、物知りになったからといって、知識の押し売りはやめましょう。

ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP