ボーイング787の特徴や不具合は大丈夫?

飛行機に乗る際に、不安で仕方ないという人がまれにいます。

飛行機で万が一不具合が起こった場合、命が助かる保証は無いともいえるのが飛行機事故ですので、より神経質になってしまう人がいるようです。

今回はそんな飛行機に不安をもっているあなたへ、ボーイング787の特徴や不具合について詳しくご紹介することにしましょう。

スポンサードリンク

ボーイング787は騒音が少ない

航空開発でもエコの時代がやってきました。

ボーイング787の場合、エンジンのカウリングを波状態にすることにより騒音を拡散することに成功し、乗客が騒音で眠れないということを防いでいます。

エンジンメーカーであるロールスロイス社とジェネラル・エレクトリック社の努力の賜物だと言えますね。

また揺れない機体というのも特徴の1つと言えます。

ボーイング787は高度の電子化が行われており、アナウンスの声はとてもクリアです。

乱気流などの乱れを感知し、自動的に揺れを吸収するよう主翼を補正する作用が働いているため、大きく傾いても揺れないという機体が出来上がっています。

揺れを軽減する機能は乗客にとって安心感がありますから嬉しいことですよね。

 

ANAとJALの違い

ANAとJALの大きな違いと言えば、全日空が国内線でも就航しているのに対し、日本航空は国際線のみボーイング787を飛ばしているという点でしょう。

JALのボーイング787に乗りたいという人は海外まで出かける必要があります。

またJALのボーイング787は他社とは異なり、機内の画面で漫画が読めるというコンテンツが充実しており、電子化を進めた従来なかった豊富なサービスが特徴となっています。

 

エンジンについて

ボーイング787のエンジンはナセルの終端がギザギザになっており、外見上の特長として見ることができます。

エンジンから噴射される空気の流れを変えて、騒音を低減するものとなっています。

ターボエンジンでは中心のターボジェットで一番前にあるファンを回します。

ファンを使ったプロペラ機とも呼べる機体となっています。

また中心のターボジェットの回転が速いと推力は大きく出ますが、同じ軸でも一番前の重たい巨大なファンを回すには大きな力が必要となり、それをボーイング787は高速回転するターボジェットの軸をギアで減速することで強くファンを回せるようになっています。

 

ボーイング787の不具合とは

ボーイング787はたびたび不具合に合っています。

エンジンやバッテリートラブルなど、不充分な試験が行われたと公式でも発表されています。

ボーイング787はリチウムイオン電池の1つのセルが加熱しても他のセルに広がることはないと認証したことを受けて、この設計や試験をクリアしていました。

この結果発表によっておよそ2年間に及ぶバッテリートラブルの調査は終了を見せたと言われています。

不具合がなくなったボーイング787は非常に快適に乗ることができますので、一度は乗ってみたい機体でもありますね。

 

ちなみに飛行機の死亡率は低い

乗り物には自転車や車、電車などの移動手段がありますが、一回当たりの死亡率の低さを見てみますと、飛行機が断トツで1位です。

飛行機は10億kmで死亡率が「0.05%」という死亡率の低さで、およそ10万回飛行に117人が死亡するくらいの確率だそうです。

意外と知られていないのがバイクの死亡率の高さであり、実は飛行機は事故率で考えると最も安全な乗り物なのです。

特に日本のパイロットは会社がいくつものパイロットに対する対策をしているので、世界で一番安全なパイロットともいえるかもしれません。

日本は世界と比べて異常なほどに、精神検査などのをするみたいですよ。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP