ザイザルの特徴と副作用

ザイザルを使用する日本人が年々多くなってきており、ザイザルが無いと不安で一日を過ごせない!という人もいるほど、ザイザルは現在人にとってかかせない薬となりました。

しかし、薬と言われて頭に浮かぶこと、それは副作用です。

ザイザルでは無いですが、副作用を知らずに薬を飲んでしまい、後々事件に発展したということも過去にはありました。

そこで今回の記事では、ザイザルの特徴と副作用について、危険性がないのかなどの重点をまとめてみました。

スポンサードリンク

世界93カ国で認可されている薬

ザイザルは世界93カ国で認可されている、アレルギー性鼻炎や慢性麻疹の適応症に承認されている薬として認可されています。

ザイザルは抗ヒスタミン剤でありつつも、眠くならない1日1錠でOKの薬です。

日本では承認後年月が経ちますが、眠くならない抗ヒスタミン剤として人気が高い薬です。

ザイザルは抗ヒスタミン剤ヒスタミン薬ジルテックの光学異性体のうち、より生理活性があるR-エナンチオマーのみを光学分割して作られた新薬です。

利用者からは眠くなる副作用がなくて助かるという意見が多数あがっています。

抗ヒスタミン系の薬は副作用として眠気というのが常にありますので、仕事をしている最中の人々はなかなかそのような薬に手を出しづらかったのですが、抗ヒスタミン剤でありつつ眠くならないザイザルはまさに社会人の必須アイテムとなったのです。

 

ザイザルのメリットや特徴

眠気が少なく、ネットなら市販薬にもなっている花粉症薬、アレグラというものがありますが、ザイザルはアレグラに比べ、1日1回の服用でOKとされています。

飲み忘れ防止、1日の薬価も3割程度安いというメリットがあります。

薬局で購入するほうが市販薬よりも安いですし、アレグラも薬局で入手するほうが良いでしょう。

ザイザルは薬局でしかまだ取り扱いがありませんから、医師に診断してもらい、処方箋を書いてもらいましょう。

 

ザイザルによる副作用と言うものはあるのか?

症状を緩和するために使われるザイザルですから、特徴の一つとして根本的な解決には繋がらないという点があげられます。

ザイザルを飲み続けていても対処療法になりますので、アレルギー自体を治療はできないのです。

また眠気を催したり、頭痛や口が渇く、倦怠感などの副作用が認められています。

てんかんなどの持病がある人は、痙攣が起こる可能性もありますから、医師に指示をあおいでからの服用が安心でしょう。

 

ザイザルは新しい薬であるということ

ザイザルはアレグラよりも後に取り扱われている新薬と呼ばれる部類に入ります。

従来の薬と比べ、全体的に副作用は少ないと言われているのです。

副作用については個人差がありますから、必ずしも副作用が起きるとは限りませんし、もしかすると重篤な副作用が起こる可能性もあります。

しかし一般的には眠気などが多く副作用として寄せられています。

従来のアレルギー薬を使っており、その副作用に悩んでいるのなら、ザイザルに薬を一旦切り替えることも可能です。

ザイザルなら体質に合っている可能性があるため、副作用が起こらないというケースもあるのです。

またその逆もありますから、医師と相談して薬の調節は行いましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP