ゴキブリの糞の特徴|大きさや匂いは?

夏場になると現れる、人間が大っ嫌いな生き物ゴキブリ。

実はゴキブリというのは、家に住み着くだけでなく、糞もあちらこちらにしていて、あなたも知らない内にゴキブリの糞を踏んでいる可能性があります。

そこで今回は、ゴキブリの糞の特徴について詳しくご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ゴキブリの糞はあなたの家にも…

害虫、と聞いて、あなたが思い浮かべるのは何ですか?まずゴキブリがあるでしょう。

その名を呼ぶのも嫌悪感がつのりますから、あえてGなどと呼んでいる人もいるほどなんですよ。

何故そこまで嫌われるのかと言うと、その形や不気味な色、艶っぽい殻などがあります。

また匂いのする下水道から上がってくるということもあって、不衛生であることも理由の1つとなっています。
ゴキブリが家に出た場合、その1体を駆除するだけでは不十分なことは知っていましたか?

駆除したゴキブリの糞、卵を家の中に残してしまっているケースもあるのです。

卵が残っていると新たなゴキブリが誕生します。

ゴキブリの糞があることで他のゴキブリを引き寄せる可能性も高いのです。

どうすればゴキブリを完全駆除できるのでしょうか。

 

ゴキブリの卵の特徴について

ゴキブリは卵を産みますので、糞と間違えないようにしましょう。

ゴキブリの卵ですが、小豆型をしており、1cm程度の黒い殻に入っています。

1つの殻には最大で50個の卵がその中に入っているというのですから本当に驚きと共に怒りがこみ上げてきますね。

卵は匂いや湿気の多い場所を好みますから、キッチンや段ボール、新聞紙や雑誌の隙間、観葉植物の中などに産みつけられることが多いようですね。

もしゴキブリを1体見つけたのであれば、上記に述べたところを全てチェックしてみましょう。

殻は落ちていませんか?そこには50匹のゴキブリが潜んでいるんですよ。

 

部屋に落ちていたら掃除機で吸い込んで終わり

もしゴキブリの卵が部屋に落ちていたら、ただのゴミとしか思いませんから、掃除機で吸い取って終わりになります。

しかしキッチンの食器棚や引き出しの中などに殻を見つけたら、ゴキブリを疑うことが必要です。

ちなみにニオイは殆どありません。

大きさとして2mmから3mm程度の小さな粒に見えます。

 

ゴキブリの糞を見つけたら…

ゴキブリの糞を見つけたのであれば、その近くに巣穴がある可能性があります。

糞を見つけた場所に、ゴキブリホイホイを設置したり、駆除用の殺虫剤などを近場においておきましょう。

ちなみにゴキブリは非常に生命力が強いのですが、殺虫剤をかけると死ぬ原因は、気持ち良すぎて快楽死しているそうです。

ですので、中途半端に殺虫剤をかけてしまうと、ゴキブリに快楽を与えているだけという結果に終わってしまいます…

 

糞には触らないこと

ゴキブリの糞には赤痢菌、食中毒の原因であるサルモネラ菌などがぎっしりはびこっています。

特徴として大きさにもよりますが、ゴキブリの糞を素手で触ると菌に感染してしまう可能性が高いのです。

細菌性の赤痢に感染すると法律によって報告が義務付けられており、腹痛や下痢、血便、発熱などがあります。

食中毒も嘔吐や下痢、高熱という症状が現れますから、ゴキブリの糞らしきものがある、という場合は素手では触らないことが鉄則です。

ゴキブリを1匹見たら50匹いると思え。

という昔からの言葉がありますが、まさにその通りゴキブリの卵には50匹のゴキブリ赤ちゃんがおり、ゴキブリの糞があると他のゴキブリを引き寄せますから、注意が必要となります。

害虫駆除はしっかり行いましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP