80年代ファッションの特徴

当サイトでは以前に70年代ファッションの特徴についてご紹介しました。

70年代ファッションは、それぞれのスタイルが確立された時代でしたが、80年代になるとまた違った味のあるファッションが流行ったようです。

面白いファッションが流行し、現代っ子ではほとんど見ることが無くなったファッションが流行ったのもこの時代。

そこで今回の記事では、80年代ファッションの特徴についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

80年代ファッションの特徴とは

80年代に入ると日本経済はバブルにより景気が急上昇。

特徴として若い世代から社会人までお金をかけた80年代ファッションを楽しむ人が増えてきました。

代表的なものとして、タイトなボディを見せるボディコンが女性の間では大人気になっています。

またTシャツやポロシャツ、チノパンなど、カジュアルファッションも渋カジとして若者に人気が高かったようです。

渋谷カジュアルとはいえ、やはりブランドにこだわったものが多く、カジュアルでもお金をかけた80年代ファッションが流行していたようです。

 

クラッチが人気を集めている

バブル世代ではセカンドバックと呼ばれていたものですが、最近ではクラッチバッグとして多くのメディアで紹介されているのが持ち手のないバッグのことです。

多くのブランドから発表されており、現在もクラッチとして多くのブランドが販売しています。

バブル期は夜遊びに小さなバッグに財布、化粧ポーチのみで出かけていたようですね。

現在ではデジタル化が進んで手帳、ノートの持ち運びがなくなり、クラッチが流行るようになっています。

 

紺ブレが流行った?

紺色のブレザーのことです。

ジーンズ、ポロシャツなどと合わせて、キレイめカジュアルとして80年代ファッションに流行しました。

若者全体の支持を受けており、ジーンズなどに合わせたり、プリントワンピとコラボさせたりなど、紺ブレには色々な着方があったようですね。

カジュアルにもシックにもきることができます。

ダブルの金ボタンがトレードマークです。

ツッパリファッションが大流行

学校にリーゼント姿の男や短ランや長ランといった、今ではヤンキー漫画でしか見ることのないような服装をして、学校に登校するのが流行りました。

とにかくツッパリがモテる時代であり、女性ならロングスカートが流行りました。

現代っ子は知らない方も多いかと思いますが、ツッパリファッションこそ男の中の男と言われていた時代もあったようです。

 

ローラースケートやラジカセがファッションに

ローラースケートをファッションとして取り入れる人が多く、当時では外国の人々もローラースケートはお洒落には欠かせませんでした。

また、大きなラジカセを片手に歩くのが流行り、そのラジカセで曲をかけて踊るとという、現在っこには少し理解できにくいことが流行りました。

踊りが上手な人ほどイケてる人として魅力的に思われ、とにかく異性から一目置かれる存在だったようです。

この風景を当時では、「竹の子族」や「ローラー族」と言われていて、一大ブームを巻き起こしました。

 

DCブランドが流行

お金をかけたファッションということで、ブランドがキャラクターとコラボすることも多かったという80年代ファッション。

コム・デ・ギャルソンなど、一度は聞いたことのあるブランドが創立されるなど、数々の日本人の手がけるデザインが登場したのがちょうどこの頃になります。

バブル期のファッションが今また取り入れられようとしているのはバブル期が現代と似ているということがあげられます。

現在はまだ不景気真っ只中ですが、若者の中ではかぶっているところもあり、流行は繰り返すという言葉もあるように、自分の押さなかった頃に流行っていたものが今現在また流行し出しているというわけですね。

多くの女性誌をめくってみても、何か80年代ファッションと似通ったところが多いのも事実です。

共通点が洋服に来ているということから、これがきっかけでまたバブル期が到来してもらいたいものです。

そう思う人も多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP