高校デビュー失敗!赤っ恥をかいた9の実話が笑えないw

高校デビューをすることで、自分の評価を上げることや、人生の楽しみを見つけることもできる反面、失敗すると非常に痛い経験をすることに繋がりかねません。

当サイトでは、そんな高校デビューに失敗してしまい、非常に痛い思いをした実話エピソードを9個にまとめて紹介していきます。(アンケート調査から選抜しています)

スポンサードリンク

笑えない実話9選

卒アル公開地獄

No.1の実話談

中学時代から喧嘩が強く、よく先生と喧嘩していたという嘘を自慢していた○田君ですが、卒アルを公開されてしまい、もじゃもじゃ頭にメガネ。

そして極太眉毛の写真を見せびらかされ、ある意味一時期人気者となっていました(笑)

本当は派手なことをして注目される存在になりたかったにもかかわらず、出鼻をくじかれてしまったことによって、高校生活が楽しくないということに繋がれば、これはこれで笑えないエピソードとなりますよね。

私の学生時代で言えば、これが原因で喧嘩となり、入学早々停学処分となった人がいました。(笑)

『アンケート調査8/58人類似エピソードに該当』

 

ヤリ○ンは嘘でしたw

No.1の実話談

自称ヤリ○ンと自慢していた子がいましたが、その時は見た目とのギャップで人気者に。

しかしながら、最近ゲットした女の子の名前は?という質問に対して、名前と年齢を公開した後に「○○地域の?」という質問に、「うん」と答えてしまったところ、本人に直接その場で連絡され、嘘がバレてしまった彼は、連絡をした人にブチギレられ、女の子に泣きながら謝っていた!

この他にも酷かったのは、赤っ恥エピソードが原因で学校に行けなくなり、そのまま不登校になったという投稿も寄せられています。

私も同じ立場であれば、どのツラを下げて学校に行ったらいいものか…という理由から、不登校という道を選んでいたことでしょう。

『アンケート調査2/58人が類似エピソードに該当』

 

キメるはずが停学でーす(笑)

No.1の実話談

タバコ嫌いで、タバコを吸う奴は頭がおかしいと言っていた高校デビュー君は、進学時にはタバコもデビューしていました。

そんな高校デビュー君はカッコをつけたかったのでしょう。帰り道に女の子の前で、ポケットに手を入れるという決めポーズをとって、タバコを吸い始めました。

それと同時に警察官が通るという奇跡が起こり、無事停学処分に。

タバコをふかしているという噂から、ふかしの帝王というあだ名をつけられていました(笑)

タバコで停学処分を食らったという類似エピソードが多かった中、キメポーズからの警察沙汰とは参りました!

『アンケート調査5/58人が類似エピソードに該当』

 

偏差値ガク落ちで就職難

No.1の実話談

私が進学した高校は、そこそこしっかりと勉強しないと受かるのが難しい学校でした。

そんな中でも、一人だけ金髪にしてきたり、授業中に叫び出すような男子がいたのですが、とにかく不細工だったので女子から陰口を言われることの多いこと。

学校はギリギリ卒業できたみたいですが、就職を選んだ結果、自分の納得がいく就職先が見つからずに、現在は派遣をして年下の学生君と仲良くしてみるみたいですが、バカだな〜って今でも思います。

せっかく中学受験で勉強を頑張り、そこそこ偏差値が高い学校に受かったにもかかわらず、高校デビューをきっかけに勉強しない=かっこいいという感覚に陥り、大学に行けないどころか就職すらできなかったこの人は、後悔しているのではないでしょうか。

『アンケート調査1/58人が類似エピソードに該当』

 

面接までヤンキー気取り

No.1の実話談

高校になってから、急に目立つような行動が増えた中学の同級生は、いつも影で馬鹿にされているような3年間を送っていました。

そして一番やらかしたなこいつ!と思うエピソードは、なんとクロックスを履いて面接に行ったそうですww

当然すぐに全校集会で暴露されて、絶対に真似をしないようにと先生が激怒していましたが、最初から最後までデビューが足をひっぱたなと感じています。

就活の面接まで調子に乗ってしまうとは…顔が見てみたいとはこのことです!

『アンケート調査1/58人が類似エピソードに該当』

 

痛い奴は孤独になります

No.1の実話談

中学2年の頃から急に親に反抗的になり、あまり勉強もしなくなった、元優等生のガリガリ君。

高校になると反抗的な態度は酷くなっていき、先生に反抗をして授業を抜け出したり、集団行動も全く協力しない、文句ばかり言う嫌な奴となっていきました。

そんなのっぽ君に天罰が下ったのか、自称親友と言ってた友達から逃げられ、いつも帰りは一人で帰っていました。

自称親友からもバカにされ、ずっと孤独な3年間だったのっぽ君。反抗的な態度がなければもっと楽しめただろうにw

目立つ方法や反抗的な態度の意味を間違えていたのでしょうか?それとも精神的な問題があったのかもしれませんね。

『アンケート調査4/58人が類似エピソードに該当』

 

ピアス引きちぎり事件

No.1の実話談

通っていた高校はバカ学校で、卒業するまでに2/3人程度がやめたり、退学となる学校です。

こんな高校だけにヤンキーが溢れていたわけですが、まだ入学して手間もない頃に、高校デビューした奴が本当にヤンチャをしていた人の陰口を言ったことをバラされ、廊下でボコボコにされただけでなく、ピアスを引きちぎられていました。

本当のヤンキーが集まるバカ高校では、命取りとなる行動ですね(笑)

私の地元の近くでも同じような高校がありましたが、ボコボコにされて救急車で運ばれていたオタクがいたのを思い出しました(白目)

『アンケート調査1/58人が類似エピソードに該当』

 

子分雑魚すぎワロタw

No.1の実話談

年齢が一つ上の留年生がいたのですが、そいつは歳が上ということもあって子分が二人いて、常に三人で行動をともにしていました。

これが非常に残念でして、弟子はデブとメガネオタク。

年上なはずなのに、早速そのことをイジられて笑い者となり、留年してもデビューは失敗に終わりましたとさ。

子分になってくれるような人がその二人しかいなかったのか?それとも類は友を呼んだのでしょうか?

でも子分がいるだけに、三年間孤独のようなエピソードよりはマシに思えます。

『アンケート調査1/58人が類似エピソードに該当』

 

不潔感が仇に

No.1の実話談

ヤンキーに憧れたのか、腰パンをして常にパンツが見える状態であったり、ボロボロの靴を履いて登校している人がいましたが、髪の毛もボサボサで不潔感満載。

そんな彼が見た目からつけられたあだ名は、当時レーザーラモンHGが流行っていたこともあり、「H(ホームレス)D(デビュー)」でした。

これは高校デビューのデビューと掛け合わせていて、結局彼はパッとしないグループを作って、三年間悪い自分アピールを頑張っていました。

清潔感がある=優等生。それ以外=ヤンチャというイメージを持っていたんでしょうか?

間違いなく女性が嫌がる男性の特徴ですよね。

『アンケート調査3/58人が類似エピソードに該当』

 

スカッとしましたか?

いかがだったでしょうか。

高校デビューに対してうざいという思いを抱いている人や、迷惑をかけられたから嫌いだという人など、ざまざまな理由から嫌悪感を抱いている人も多いことでしょう。

目立つことは、特に日本ではリスクが大きくなるということ。

そして一歩間違えると痛い奴になってしまうという自覚を持ちながら、目立つ行動や発言をしていくことが、高校デビューを成功させるコツなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP