負け惜しみを言う人の心理が笑える2つの理由

「あんなダサい男と付き合わなくてよかった」とか、「本気を出せば余裕だった」などといった、負け惜しみとも取れる言葉は、聞いている側が見苦しいと思ってしまう瞬間でもあります。

ここで一つの疑問が浮かぶのですが、なぜ負け惜しみとすぐにバレてしまうのに、私たち人間はそうした発言をしてしまうのでしょうか。

実はその答えを探っていくと、なかなか面白い心理が働いているということが、心理学から見えてきました。

スポンサードリンク

合理化している

負け惜しみを言う人というのは、何かと後から自分がいかにも正しいような発言をしたり、理屈っぽく自分を正当化しようとしますが、こうした心の働きのことを「合理化」と呼びます。

合理化の意味とは、「もっともらしく理由づけすること」であり、自分の行動を正当化するためや、自分自身を守る時などに多く見られる傾向にあります。

例えば、日常生活でよく見られる合理化というのは、以下のようなケースが典型的例であります。

好きな女の子に必死でアピールするはずが、影で悪口を言われていたとしましょう。

すると本人は、「あんなブスなんてどうでもいいし、付き合いたくもないわ!」という合理化をすることによって、自分の行動を正当化しようとし、負け惜しみを言ってしまいます。

このように、もっともらしい理由をつけて、本当は自分はそれほどショックでもないし、付き合いたくもなかったという嘘をつくことで、葛藤から自分を守っている心理こそが、負け惜しみの正体なのです。

他にも、「仕事ができないことが理由でクビになってしまったことを、あんな会社自分には合わないし、上司のレベルも低かった」というような負け惜しみを言うのも、よく日常生活で目にする光景の1つです。

こうした心理から分かることは、負け惜しみを言う人というのは、自分の行動を正当化することで、自分を守っているということなんですね。

 

不安の解消にも使われる

負け惜しみを言うことは、合理化と呼ばれる心の働きが原因であるということを述べましたが、心の不安を解消する際にも、よく負け惜しみのような発言を私たちはしがちです。

こちらもよりイメージしやすいように、以下に例を挙げておきましょう。

誰よりも時間をかけて仕事をこなしたはずが、上手くいかなかったとしましょう。

すると本人は、「自分はこれだけ努力してもダメだったんだから、誰でも無理なんだ」という合理化をすることで、自分の努力は無駄だったかもしれないという不安を解消しようとします。

上記の例のように、自分が努力した結果が期待外れだった際には、多くの人は負け惜しみとも取れるような言葉を述べることが多く、仕事がうまくいかなかったという心の不安を、合理化することによって、自分を納得させようとするわけです。

こちらも結局のところ、心の不安を解消して、自分自身を守っているということになります。

 

負け惜しみは、こんな性格に多く見られる

嫉妬心が強い人

嫉妬心が強い人というのは、競争心が強いだけではなく、嫉妬心も強いという一面を持っている人が特に男性に多いです。

このタイプこそ、負け惜しみをつい言ってしまいがちな性格であると考えることができ、このタイプというのは嫉妬心が強い反面、目立つ人に対して劣等感を抱きやすく、リーダーのような存在に対しては不満を抱いてしまいます。

当然自分に能力があれば、リーダー的存在に対して何らかの方法で力を見せることができますが、相手に勝負を挑んだ際に、敗北してしまったと感じた時に、葛藤や不安から自分を守るために、負け惜しみを言ってしまうということに繋がりかねません。

さらに男のプライドが負けを認めることを許さず、負け惜しみを言ってしまうこともしばしば。

特に男性はホルモンの影響で競争心が強いために、リーダーや人の上に立ちたがる傾向にあります。

 

頑固な人

「自分の非を認めない人」のように、とにかく自分の行動を間違えであると認めない人も、負け惜しみを言う回数が多くなると考えることができます。

これは、自分の考えが矛盾していることを指摘された時に、不愉快な気持ちになってしまうわけですが、新たな情報を追加することによって、自分が正しいということを証明しようとする心理が関係しています。

例えば、「全く綺麗になる努力をしていない女性に対して、そりゃ男も魅力的に思わないよと指摘したとしましょう。すると、男って見る目ないから」という負け惜しみは、結局のところ不快な気持ちを改善するために、新たな情報を追加しているのです。

そうして新たな情報を追加していくことで、自分の非を認めない人というのは、何か問題が起こると、次々と新たな情報を追加することで、負け惜しみとも取れる言葉を発してしまっています。

 

言い訳や予防線を張る人

よく言い訳をする人や、予防線を張る人というのは、結局のところ自分を正当化している心理が働いています。

このタイプは、責任が他人にあると主張したり、その時の環境や状況のせいにしてしまうことが多いですが、自分が負けたことを環境のせいにしたり、他人のせいにすることは、負け惜しみであると思われてしまっても仕方ありません。

言い換えると、言い訳の言葉選びを間違えてしまうと、負け惜しみとなってしまう可能性があるということです。

 

あなたも気をつけるべし

いかがだったでしょうか。

負け惜しみを言ってしまったところで、相手にそれがバレてしまえば、見下された結果、相手が優越感に浸ってしまう可能性も十分に考えられます。

負けることは恥ずかしいことではないのですから、負けたとしっかりと認め、そして負けた原因を解明改善することができれば、自分にとってもメリットとなる部分は大きいはずです。

自分はそんなみっともない姿は見せないよ…なんて思っている人もいるでしょうが、素直になってみるということは、案外難しいことなんです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP