八つ当たりする人の心理に秘められた3の秘密

「イライラの気持ちをぶつけられ、とても不愉快な気持ちになった」という経験をすることや、または自らが加害者となってさせてしまった経験がある人が多いのは、誰でも自然に働くベクトルが原因にあります。

絶対にしない方がいいと分かっていても、無意識のうちに当たってしまう答えをここでは説明していきます。

スポンサードリンク

置き換えによる自己防衛

八つ当たりをするということは、怒りを全く関係のない第三者に向けることでありますが、こうした怒りのはけ口を関係のない第三者に向けることを、心理学では「置き換え」と呼びます。

例えば、オンラインゲームに負けてイライラしてしまった結果、母親に初当たりしてしまったとしましょう。

これは、オンライン上の見えない相手に対して怒りをぶつけることができないので、八つ当たりしても安全である母親に怒りをぶつけ、気分を発散しているという心理が見られます。

こうした無関係な人に当たり散らしてしまうのは、実は「自我防衛機制」によるものであり、人は嫌な気持ちになったり、心の葛藤から不安になると、なんとか心の平常心を保とうとする動きが見られますが、これこそ「自我防衛機制」であり、その中の1つである置き換えによって、怒りや不満を他者に置き換えているというわけです。

この置き換えは、八つ当たり以外であれば、仕事帰りのサラリーマンが上司の愚痴を言い合ったり、子供を虐待してしまうことなども当てはまります。

また、人は怒りの度合いが激しければ激しいほど、その怒りをすぐに発散する必要があるために、その場で怒鳴りたくなるような怒りであるほど、置き換えという方法で八つ当たりをしてしまう可能性が高まります。

被害にあった側からすれば、「なんて奴なんだ!」という気持ちになり、イライラが止まらないという人もいるでしょうが、加害者側からすれば、これは一種の健康法とも取ることができ、怒りを置き換えることは心のバランスを整えたり、ストレスの解消ともなるので、自分自身を守るためにも、誰でも自然と働く心理こそが八つ当たりであります。

 

八つ当たりされるのは、対等かそれ以下の証

一方で八つ当たりされてしまった側というのは、加害者側の心理から考えてみると、自分よりも立場が下であるのか、同等くらいであると思われている可能性が高いです。

そもそも上司に対して抱いた怒りを、その場でぶつけることができないのは、自分よりも立場が上であるということを認めている証拠でもあり、もっと上の立場である社長や部長などに、怒りをぶつけるようなことを普通はしませんよね?

これこそが、八つ当たりされた被害者側が、決して上の立場ではないと思われている証拠であり、見下されている可能性を否定することはできません。

対等な立場であると思われている場合には、後々謝罪されることや、普段の言動などからも見分けることはできますが、見下されている場合には、都合のいい友達程度の扱いをし続けることでしょう。

また、置き換えはすぐに発散する必要があるため、タイミングが悪かったというケースもあり得ます。

これは恋愛に例えると分かりやすく、失恋で心が不安定な状態にある時に、誰でもいいから抱きたいとか抱かれたいと思うのは、ショックがあまりにも大きすぎたため、とにかく人を選ばず、身近な人を選択するのもこのためです。

上記のような例であれば、ラッキーな置き換えとなりますが、八つ当たりの対象とされやすい人の場合は、アンラッキーな置き換えだけに、運が悪い人であるという可能性も高まると言えます。

 

何らかの不満を抱かれていた可能性

「前からお前ムカつくんだよ!」というセリフの後に暴力を振るわれるシーンは、映画やドラマなどでよく目にするシーンでありますが、自分よりも下の存在であると見下されている人は、こうした置き換えによるいじめの対象にもなりやすいです。

ここから分かることは、例えば、非力であるのに異性からはモテる人に対して不満を抱いている場合は、怒りのはけ口として選択されてしまいかねないということです。

他にも、いつも遅刻して待たされているという不満があり、この機会にちょっとでもイラっとすることがあると、「遅刻の不満のついでに怒りをぶつけてやろう」と思い、八つ当たりの対象となったのかもしれません。

もしも、八つ当たりしても大丈夫と認識するターゲットが目の前に二人いたとして、不満を抱えている人なのか、抱えていない人なのか、どちらかを選択しないといけない状況であれば、自然と不満を抱えている人を選択する人が多いことは、言うまでもありません。

 

気にせず、見極める力が必要

八つ当たりされたことに対して、いつまでもくよくよとしたり、イライラとするのではなく、誰でも起こりうる自己防衛だという認識で、気分転換をしてみましょう。

さらに見下されている可能性もあるため、あなたはいいように使われていないのか?都合のいい時だけ優しく寄ってくるような態度をとられていないのか?などの、過去の相手の態度を見返してみましょう。

昔からよくターゲットとされる人の場合は、都合のいい友達として扱われているのか、それとも優しすぎる性格が原因であるために、まずはきちんと原因を追求してみることが、八つ当たりされやすい人を卒業する一番の近道となります。

次のページでは、「「あなた」の呼び方から読み取る深層心理2つ」を解説していきますので、八つ当たりの際にこの言葉を使われた人は、特に知っておくべき心理となるでしょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP